2018年11月23日

里山関が引退されました


大相撲の力士、里山さんを初めて知ったのは
新十両に上がった2006年初場所の事。
ちょうどその前後に奄美大島出身の方と知り合い
奄美出身の力士と言う事で注目をしたら
長い事相撲を見ていても、今までに見たことのない取り口の相撲で一目で引きつけられて、すっかりとりこに。

他の力士だったらすぐに叩かれそうな位、頭を下げての立ち合い。
相手が引けばしめたもの、と押し出し
受ければ潜って下手投げ
どんな不利な体勢になっても最後まであきらめない
こんなに面白い相撲を取るお相撲さんがいたのか、と
初場所が終わった時にはもうmixiの里山コミュを立ち上げていました。

mixiコミュは里山さんの知り合いを中心に人が集まり、
やがて里山さんの耳にも入り
あの一人で熱中して応援している人は誰なんだ?と

当時、やはりmixiを通じて相撲の浮世絵や絵番付を制作されている木下大門さんと知り合い
大門さんが里山さんに「あなたを応援している絵描きの知り合いがいるよ」と伝えて下さり
2007年の2月に大門さんの紹介で里山さんにお会いしました。

その直後の場所に里山さんは豪栄道を破り十両優勝、
5月には新入幕。
ですが真っ直ぐしか当たらない里山さんの立ち合いは
入幕場所7勝8敗でしたが二場所目は2勝13敗。

そんな折、里山さんから「いつも応援してもらっているので今度飲みに行きましょう」とお誘いの言葉。
相撲の通り、真面目で実直、
「みんな僕に変化しろって言うんですけど、変化はしないです」と話されていました。
僕が誘ったんですから〜、とおごって頂きました。

幕内に入れば最軽量を記録する体で
最後まで初心の通りの相撲を見せてくれました。
あの体で相撲を続けるには誰の教えでもなく
自分のやり方でしか通用しなかったと思います。
そしてそのやり方で14年間、37歳まで現役で続けてこられた姿には
最後まで勇気づけられました。

里山さんには2013年の結婚式にも招待して頂き
現役力士だらけの夢の様な披露宴も体験しました。
必ず幕に戻ります、と言って
2014年に現在も記録が残る37場所ぶりの幕内復帰を果たしました。

奄美出身の方なので
九州場所でどの地位で戻るかといつも気にしておられ
昨年、幕下で九州場所を迎え
おそらく今年の九州場所、関取で場所を迎える事を目標とされていたのかもしれません。
体はとっくにぼろぼろでしょう。
惜しくも叶わず、幕下9枚目で迎えた今場所
3連敗からの3連勝で迎えた今日、
琴乃若の息子さんの琴鎌谷との対戦で白星を上げ
最後の勝ち越しを九州で収め
引退を決意されました。

本当に長い間ありがとうございました。

wakui1.jpg
(写真は2004年2月13日)
posted by えかきさる at 22:41| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

japon en cuba3 キューバの中の日本3

ポツン、ポツン、とあるキューバの中の日本を感じてきましたが
最終日にもある出来事がありました。

それは、車の写真を撮りに行く行きがけ、
話しこんだ土産物屋さんのおじさん。
なかなか気が良くていろいろとお話しをしました。
クラシックカーを見にキューバまで来た話をすると
「今は日本の車はすごいよね!トヨタ!」とここで初めて日本車の話し。
キューバの方は例外なく車好きなので
トヨタは世界に冠するトップブランドなのでしょう。

そのおじさん
「日本と言えば、日本に関係している島があるんだよ、
日本人ならそこに行かなくちゃ」なんて話しだすんです。
いや〜〜〜、そんな場所聞いたこともないし、ガイドブックにも載ってないし
本当かな?
「本当だよ、ここ、ここ、」
とキューバ本島の下にある大きめの島を指さしました。

本当かいな、と疑心暗鬼に駆られながら
何せオールスペイン語ですからね
私の耳で聞いたこともあまり信用できない。

キューバから帰ってすぐには調べられず(いろいろドタバタしていたので…)
頭には引っかかっていたのですが本当かな、と

ついにふと思いだして調べてみました。
すると、、
キャプチャ.JPG
日テレニュース24

どうもその島、本当に日本人と深い関わりがあったようなのです。
なんでも戦前に砂糖開拓で南米同様に多くの日本人がキューバに移民をし
アメリカと開戦した際、当時ほとんどアメリカの属国だったキューバで日系人がこの島に集められ収容されていたらしいのです。

そんなキューバと日本の関わりがあった事なんて
ガイドブックには一言も書いていない…。
おじさんの言った事本当でした。

おじさん.jpg

ありがとう!
またキューバ行ったら寄ってお土産買うよ(笑)
posted by えかきさる at 02:32| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

japon en cuba 2 キューバの中の日本2

現代キューバでは存在感の薄い日本ですが、かつてはそうではなかったようです。
初日、ガイドの方がふと「そう言えば原爆が落ちた日は、、この2〜3日だよね」
キューバ人にとってアメリカが落とした原爆の日は、必ず学校で習うそうで
ほとんどのキューバ人がその日を覚えているようです。
キューバに来てすっかり忘れていた日本人に教えてくれました。

そのガイドさんが、海岸沿いに日本人の像がある、と教えてくれました。

P8147271.JPG

見ると侍の像です。

近くにある碑を見ると、、

P8147273.JPG

江戸時代に日本人として初めてキューバの地を踏んだ武士、との説明があります。
なんでも仙台出身の侍だそうで、、これは、、

P5052676.JPG

もしや仙台で顔ハメの写真を撮った支倉常長さんの事ではないか!?

P5052672.JPG
(上記二枚の写真は2013年に宮城県慶長使節ミュージアムに行った際のもの)

P8147272.JPG
実はガイドブックでこの像の存在は知っていたのですが
何気なく歩いていて偶然、ガイドさんに紹介されました。

P8096840.jpg

せっかくなのでみんなでポーズを取って記念写真。

支倉さんの足跡を、宮城とキューバで確認することが出来ました!
posted by えかきさる at 12:13| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

japon en cuba 1 (キューバの中の日本)

キューバでは洞窟以外、ずっと雪駄で行動していたので
足にはくっきりと雪駄焼けが刻まれました。

P8096841.jpg

キューバで雪駄では目だったんじゃない?と聞かれますが
驚くほど?キューバでは雪駄の反応はありませんでした。
NYや、アジアでは雪駄で歩いていると「格好いい!」とか「日本の履物だね!」とか
「俺のと交換してくれ!」なんて言われますが
そもそも「日本の履物」の概念がないのだと思います。

キューバではアジア人自体珍しいので
ちょっと興味を示すとすぐに声をかけて来ます。
まぁ、たいていはChino,たまに一発でハポン(japon,Jはスペイン語ではハ行)?と。
でハポン、と答えると「アンニョンハセヨ」とか帰って来ます。
「No,ハポン、」と答えると「ニーハオ−」
多分スペイン語とイタリア語なんかは近くてフランス語やドイツ語も共通点があるので
東アジアの言語もそれなりに同じようなものなのだろう、と思っているのかもしれません。
それか全くごっちゃになっているか(^^;

もちろん日本語で「コンニチハ!」「サヨナラ!」と来る時もあります。
会っていきなりさよなら?
「お元気ですか!」と高度な日本語で話しかけてきた人もいました。
彼女が日本に住ん でいるんですって。
スペイン語で “Como esta!” が「お元気ですか」に当たりますね。


それにしても「アンニョンハセヨ」の比率が高い、
なんでだろう、と思っていたら…


キューバのお店で流れている曲が格好いいので
CDを探そうと、ソフト屋さんを覗きました。
そこはまぁ、現地の方しか入らないようなお店なので「あれ?」って感じで迎え入れられましたが。。
一軒目は映像メインのお店だったんですね、そこで見てみてびっくり、
一棚全て、上から下まで、韓流ドラマで埋まっていたんです。
ハリウッド物と同じくらいの量ですよ。
あれ、おそらく韓国語にスペイン語のテロップをつけたものでしょうね。
だからみんな「アンニョンハセヨ」を知っていたのです。

日本のソフトは、と言うと、、
「おしん」と「いのち」と言う努マン何のタイトルが会話の中では出てきました。
一体何年前の話でしょうか…。

キューバの中の日本の存在感って、果てしなく薄い、、と思ったのですが
若い方を中心に変化も現れているようです。
キューバでもここ数年、富裕層を中心にスマホが普及してきています。
スマホがあれば、それまで一部の人しか使えなかったネットを
一般の人でも使えるようになったみたいです。
そうした人を中心に、日本のアニメや、ネットのカードゲームなどを楽しんでいるようです。
ネットの普及はそれ以外にも、キューバの社会にもたらすものが大きそうです。

そうそう、CDは無事に買えました。
一枚24ペソ、100円ほどでした。
posted by えかきさる at 10:25| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

キューバの食べ物2〜キューバ旅行記16

キューバは甘いものも多かったです。
売店に行っても、袋詰めのお菓子は存在しないのですが
ちょっとしたカフェで売っているケーキ、街頭で売っているドーナツ屋エクレアなど
甘過ぎることなく頂けました。

P8096881.JPG

P8096883.JPG

こちらはセントラル公園(ハバナの中心部)に面したホテルにあるケーキ屋さん。
丁寧にCUCとCUP両方で値段表示がされています。
こんな丁寧なお店、ここ以外では見ていません(笑)
ショコラパイが110円、スポンジケーキが80円と
なかなかお安いじゃないか、と思いますが、、

写真には残っていませんが
街頭で売っているドーナツやエクレア、ショコラパイなどは
どれも一つ3ペソ、12円でした。
スイーツ自体が全般的に低価格なのだと思います。
それもそのはず、、キューバは世界で有数のサトウキビ生産地、砂糖で国を支えている様なものです。

小麦、卵、砂糖とどれも国内で生産されているもの。
キューバの食料自給率は80%だそうです。
生活に必要なものは政府が計画を立てて賄っているようです。


P8096863.JPG

こちらはキューバの国産ビール「ブカネロ」
他にも数種類銘柄がありますが(クリスタル、ミヤビ、)どれもコロナやバドワイザーの様に薄い味で
このブカネロは黒ビールにも似た濃い味わいのビールで私は気に入りました。
値段は街頭で30〜35ペソ(120〜140円)、レストランだと1.5CUC(150円)位でしょうか。

P8096864.JPG

子供はレモンを使ったレモネードを気に入っていました。
だいたい1CUC位です。

P8086786.JPG

宿では毎朝新鮮な果物がたっぷりと出ました。
街頭ではマンゴー、パパイヤ、グアバといった果物が1kg10ペソ(40円)で売られています。

P8137199.JPG

毎朝マンマが卵料理を披露してくれるのですが
卵本来の風味が強かったです。
化学物質のえさを使用していないせいでしょうか(日本で使用しているかは不知識ですが…)
イチゴ味のアイスを頂いた時も思いましたが
苺を潰した時の風味があるんですよね。
日本だと香料が必ず入ると思うのですが、、
食べ物本来の風味を味わえる食事だと思います。
posted by えかきさる at 08:13| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

キューバの食べ物〜キューバ旅行記15

キューバのご飯、と言うとあまりイメージがないけど
実際に行ってみても
どれがキューバ料理だったのかいまいちイメージをつかみかねる状態。

メニューを見ると米食がメインなようで
日本人からすると非常に対応しやすいお味でした。
お肉の一品料理にはご飯とサラダが自動的について来て、、
ってこれがわかる様になるまでにも時間がかかって
ついてくるって最初からわかっていれば苦労しなかったのに、、と言う話。

P8137166.JPG

cerdo(豚肉) asado(焼き)と書いてあるメニュ−を頼んだらこれが出てきた。
写真とかはついていないので出て来るまでどんなものかわからない所がひやひや。
ここは宿の近くで表にメニューが出ていなくて人もあまり入っていない。
その割には結構おいしかったお店。英語はあまり通じない。
値段は4.5CUC(450円)。

P8147223.JPG

こちらは少し中央寄りのお店なので値段も高め700円くらい、
盛り付けもそれなりにちゃんとしている。
どちらにもバナナのフライトアボカドがついている。
この辺りがキューバ方式なのかな?

P8096866.JPG

P8096867.JPG
更に高くなって1000円くらい、
このお店はオビスポ通りと言う観光客向けの繁華街近くのお店。
ここだと英語が堪能な店員しかいない。

P8117065.JPG

パン食も多くて
レストランではなく、通りの買い食いするようなお店はパンのメニューがメイン。
パンの奥に見えるのはサツマイモのチップス。
何故かジャガイモではなくサツマイモチップスの方が多い。

この写真はオビスポ通り近くのお店で
それでも3cuc(300円)と安め。
ピザもどこのお店にもあって、先にお見せしたように

P8107034.JPG

CUP表示のお店で買ったこのピザは17cupで68円。
注文してから具を載せて焼くのでなかなかうまいです。
このお店で上記写真の様なハムチーズパンを買うと10ペソで40円。

本当に買う場所によって、全く違う値段が付いているのがキューバです。
食材自体はどこも同じものを使っていると思われるので
味は大きな違いはないように思えます。
安ければよい、のではなくて
どこが心地よいか、と選ぶと良いかなぁ。
posted by えかきさる at 09:43| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

取り上げられそうになった絵の道具〜キューバ旅行記番外編

2001年のテロ以来、航空機への持ち込み物が厳しく制限され、近年では液体物の持ち込みも禁じられるようになりました。
でも、絵を描きたい時に道具がないのは一番避けたい事態。
普段外で描く時は液体の墨を持ち歩くのですが、液体は持ち込めないので
硯と固形墨を用意して、水だけその場で手配するようにしました。

実はこの手段、今回が初めてではなく昨年の博多旅行でも墨と硯を持ち歩いていました。
行きの飛行機では何の問題もなくキューバにたどり着いたのですが
帰りの飛行機、カナダでのトランジットの際に事件は起こりました。

手荷物を機械で調べていた検査官が


何かものすごい固いものが入っていると問題視

「クリスタル(水晶)と同じ程度の堅さです、確認します」と言ってカバンの中に手を入れ、、

硯を見つけ取り出し
「一体これは何に使うものなのか?」と尋問。

「…絵を描くのに使います」

眉間にしわ寄せむっちゃ不可解な顔をして、、
納得していただきました。

硯なんて、、海外の人は見たことないもんね。。
こんなんでとりあげられたらやだわ〜〜。
今度持ち込む時は安めの硯にしておこうっと。

ところで硯、使ったかって?
帰りの飛行機の待ち時間にキューバのご家族を描かせていただきました。
キューバ旅行で最後に書いた絵です。

P8147344.jpg
posted by えかきさる at 10:40| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

停電だ!〜キューバ旅行記14

停電だ!
映画で見た停電だ!
急に真っ暗になって、一斉に外で歓声が上がる。
困った事態なのになんだかワクワクする。

P8147334.JPG
(車のテールランプが帯に写ってる)

最後の夜、食事に出た先で
オーダーして待っている間に停電!
お店にはほかに年配の女性がいるだけ、
すぐさまお店の人は非常用の電源を入れて小さな明かりをつけ
これ以上お客さんが入らないようにお店のシャッターを閉める。

P8147336.JPG
シャッターの閉まったお店を内側から見るのって新鮮…。

se poder cocida? aunque,,,

これでも料理できるの?と聞くと
最初は発音が悪かったのかうまく通じなかったけど
隣の女性がわかってくれて伝えて
大丈夫大丈夫、と店員さん。

P8147335.JPG

店員さんに
he visto la pelicula "siete dies en HABANA"
7デイズ・イン・ハバナって映画見たんだけど、と話すと
店員さんは映画は知ってるけど見ていないと言う。
するとまた隣のご婦人が「知ってる知ってる、停電のシーンがあるのよね」と

思いがけず映画の話が出来てうれしい。
ただ暗い中で待っているのも何なんで、
小さなスケッチブックしか持ってないけど一枚プレゼント。
P8147337.JPG

続いて店員さんにも一枚。
描いていると他の店員さんが奥で調理している人に伝えたらしく
料理を出す小窓から「私も描いて〜〜〜〜」と叫び声
もちろん、調理を終えてから残りの二方も描かせて頂きました。

P8147338.JPG

宿からほど近い場所だったけど、宿では停電はなかったって。
ハバナ最後の夜に
ちょっと特別な時間でした。
posted by えかきさる at 20:53| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キューバの治安は?〜キューバ旅行記13

キューバに行く、と言うと
中南米なので治安が悪くて危険!!と言うイメージがつきもの。
私もそう思ったので少しでも危険を回避するためにも、とスペイン語を勉強しておきました。

ですが多くのガイドブックで治安は良い、と書かれています。

キューバの最終日に象徴的な出来事がありました。
最後にペソをCUCに直しておこうと思いカデカ(両替所)で並んでいたときの事
物々しい車が狭い道路に入ってきて警官らしき男性が銃を持って降りたんです。

P8147239.jpg

カデカの道路挟んだ向かいは人気のミュージックバーで演奏中、人だかりの中道路にはみ出さないように整理
お店でなんかあったのかな、と思って見ていても音楽は全く気にせず演奏を続け
すると銃を持った警備の方今度はカデカ側の歩道に立ち歩道を封鎖。

P8147240.jpg

結構な銃です。
見た時はちょっとゾクっとしました。
何の事ない、この車、現金輸送車だったんです。
カデカと車との間の歩道を封鎖して積んできたお金を両替所へ、
両替所のお金を輸送車に入れ替える作業をしていました。

するとそこへ、、、
演奏しているお店側の歩道はもうぎゅうぎゅうなんですね、
男性が銃を持った警備をすり抜けて通ろうとしたんです。
警備の人が「だめだめ、あっち通って!」って手で払っても
「あんな人ごみじゃ通れないよ!」と無理やり通ろうとして、、また追い返され
そうこうしているうちに作業が終わり警備の方も車に戻りました。
男性「まったく、、」てな感じで銃を持った人の横を通り抜けるんですね。

なんでしょう、日本だったら、、
どうなったでしょうね。

男性は相手が銃を持っていても
それが決して自分に向けられる事がない、とわかっているんですね。
そして警備の人も、、無理やり通ろうとしても、その人が怪しくない、ともわかっているみたいで。
これ相当治安が良くなければ起こらない風景だと思います。
アメリカでこれやったら、、ぞっとしますけど…。

もう一つ、私が感じた限りキューバでは人種差別が全くありません。
なのでその分私も、何の引け目も感じずに行動する事が出来ました。
人種の差よりも、キューバを受け入れるかどうか、の方が重要なんだと思います。
そして大きな貧富の差もないので、街頭の治安は良いのだと思います。

P8147230.jpg

子供はずっとカメラ片手に離れて行動していましたし
体格を誇示するような、乱暴な態度の人も
全く見かけませんでした。

ガイドブック通り、キューバは治安のよい国なのだと思います。
posted by えかきさる at 08:02| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

キューバ最終日〜キューバ旅行記12

キューバの最終日、朝早くにまたもやコッペリアに行く事に。
子供が気に行って最後のコッペリア、徒歩20分の距離を何度も往復する羽目に。
P8137215.JPG
この時も近くの席の方の絵を描かせていただきました。

P8137212.JPG

P8137211.JPG

ちなみにテーブルで描けたので
ようやく薄墨も使った絵になっています。

お昼からは思う存分車の写真を取りたい、と外出。
これまでに見たクラシックカーの多い所を総ざらい、

P8147230.JPG

P8147262.JPG

途中20年代の車の運転席にも載せてもらいました。
P8147283.JPG


P8147286.JPG
革命前に大統領府として使われていた建物、
現在は革命博物館として使われています。

一度宿に戻った後で子供が
ヘッドライトのついているところを撮りたい、と言いだし
再び出かける事に。

行きがてら、木製の土産物を売っているお店に立ち寄りおしゃべり。
最後だし、とおじさんも描いたら大喜び、
P8147297.JPG

近くに座っていたおじいさんも描いたけど写真残らず。。。

この車、あれじゃねーか!
P8147298.JPG

とキューバの方はみんな車好きです。

そして夕暮れ時から延々

P8147306.JPG

延々

P8147318.JPG

延々

P8147332.JPG

40分一人で撮り続けました。

帰り途、行きに描いた土産物の前を通ると
おじさんまだ絵を手に持って話していました。
「俺50過ぎなんだけど、この絵だと若いんだよ〜〜
、すげぇ嬉しい〜〜、店のここに飾るんだ!!」と。

道すがら、絵を描いて、
これだけ喜んでくれるなら私もうれしいです。
posted by えかきさる at 17:57| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする