2019年10月02日

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲6

断髪式終了後のパーティーにも参加させて頂きました。

早速、髪型を整えタキシードを着た親方と記念写真。
髪型決まってますね〜〜。

家族.jpg

P9283550.JPG

しばらくして白鵬関が入ってきました。

国技館の地下で開催されましたので
ゆかりのある力士が顔を出してくれるのもうれしいです。

P9283556.JPG

奄美市長さんと佐ノ山親方のあいさつでパーティーが始まります。
これからは親方として後進の指導に当たり、協会をしたから支えていきます、というお言葉でした。


P9283559.JPG

お料理もとっても豪華。
これも地下二階の国技館調理場で提供されたものでしょうか。

P9283566.JPG

最年少のスー女こと、まこさんと写真を撮らせて頂きました。
5月に両国で開催し、私も参加した「平成の相撲絵師展」にまこさんも展示をされていて
お知り合いになりました。

後半は壇上で出し物が、
まずは相撲芸人のあかつさんによる
里山関の物まね。

P9283576.JPG

腕を決められる里山関、のものまね

P9283582.JPG

続いて足を負傷して勝ち名乗りを座ったまま聞く里山関のものまね
ここでしか披露できません。

P9283598.JPG

里山関と同郷、中孝介さんの素晴らしい歌声

P9283601.JPG

そして元ちとせさんの歌唱と続きました。
P9283609.JPG


P9283568.JPG

最後に浴衣を着た部屋の若い衆、濱栄光さん、深海山さんと写真を撮らせて頂きました。
濱栄光さんは佐ノ山親方より半年入門が早く兄弟子に当たり、現在も現役で相撲を取られています。
佐ノ山親方が関取の時は付け人としてついておられ
間近で親方の相撲人生を見てこられたと思います。

一相撲力士のファンとして
最高の一日を過ごさせて頂きました。
改めて里山関、佐ノ山親方と尾上部屋にお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。
posted by えかきさる at 18:00| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲5

断髪式終了後、幕内の取り組みです。

まず最初に土俵入り、
九月場所休場していたので久々に見る白鵬関の土俵入り

P9286547.JPG

ちょっと得した感じ。

相撲は花相撲なのであまり力はいらず

でもたまに阿吽の呼吸でこんななったり

P9286605.jpg

技を繰り出したり

P9286672.jpg

怪我しない範囲での花相撲です。

結びも近づき役力士が登場

P9286835.JPG

人気力士が私の浴衣とともに、、

P9286837.jpg

これもこの日だけの光景だと思うので撮っておきます。

P9286952.jpg

結びは横綱同士の一番でした。

これで断髪式は終了です。

この後はパーティーにお呼ばれしました。
posted by えかきさる at 09:31| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲4

私が鋏を入れた後は数名しか残っておらず
最後は協会関係者、

引退されてから仲良くなったという元稀勢の里・荒磯親方
P9286365.JPG

親交のある元安美錦・安治川親方

P9286372.JPG

長年一緒に付き人を務め、関取も同時期に経験された南さん、元天鎧鵬、現秀ノ山親方が鋏を入れると

P9286403.JPG

こみ上げるものがあり涙ぐんでいました。
P9286405.JPG


最後は親方が鋏を入れました。
P9286427.JPG

多くの方に温かく見送られ引退するのは力士としては本望かもしれません。
幸せな力士生活を送られたのではないかと思います。


P9286442.JPG

最後はご家族から花束を贈られ
土俵を後にしました。
posted by えかきさる at 15:52| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲3


まず最初は会長の市長さんから始まり
やくさん
鈴木おさむさん
中孝介さん

P9286347.JPG

そして五十音順で200名が呼ばれ
私は最後半に呼ばれました。

それまで会場にいらした知人桝を回り
軽く談笑していたのですが
ヤ行辺りで席に戻り(談笑していた友人は名前が近づいてもまだ話しているので気になって仕方なかったらしい)
いよいよ呼ばれる数名前になると
手に汗がじわ~~~、呼ばれる前に行った方がいいのかな、
いや、それじゃ呼ばれる意味がないな、とじっと待ち
名前を呼ばれてから立ち上がりました。

IMGP3747.JPG

土俵下に立つと
なんとも言えぬ怖れがあるんですね。
長年見てきた舞台、というか
神の舞台に上る様な

何か拝みたくなる様な気持ちになりましたが
おかしな行動はとれず呼び出しさんの案内されるままに土俵に上りました。

IMGP3748.JPG

土俵に上ってみると、
小さいんですね、
ここでいつも死闘が繰り広げられているのか、と
感慨深くなります。

そして促され、前に進み
行司さんの持つ三宝の上の鋏を取ります。
(今気づきましたが行司さん、1時間以上この姿勢で三宝を持ち続けるのですね…)

P1200036.jpg
鋏はかなり大きめで親指を入れる穴が小さく、
もう片方の穴がやたらに大きかったです。

P1200037.jpg
行司さんが切る場所を指さすものの
かなり後半ですので切れそうなところは見当たらず、
奥の方に鋏を入れさせていただきました。
P1200039.jpg
じょき、と手ごたえがあり、
あぁ、鋏を入れた、とこの日の大仕事の感触を得ました。

鋏を置いて、
里山関に
「長い間、ありがとうございました」とお伝えし
土俵を降りました。

P1200043.jpg
席を立って、3分20秒の出来事でした。

maruyamaさま、素晴らしい写真ありがとうございました。
posted by えかきさる at 13:55| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲2

中に入ると、この日は呼び出しさんも皆さん引退相撲浴衣を着ておられました。
うれしい〜〜、
P9286191.JPG

そして私の席は向こう正面5列目です。
ちょうど右手の黒い背広の方の後ろ辺り。
P9286205.jpg

十両土俵入りでは勢関が目の前です。
いや〜〜、うれしいですね〜。

P9286235.JPG

そして土俵の合間には私の絵の浴衣を着た呼び出しさんがお仕事。
もう一生に一度の光景です。

土俵では里山関最後の土俵入り、
息子さんの瑛太君との土俵入りでした。

P9286249.JPG

P9286260.JPG

初っ切りで場内を楽しませた後で
里山関最後の取り組み
相手は、、

P9286302.JPG

息子さんの瑛太君です!

瑛太君は先日大田区の相撲大会で未就学児優勝を果たしています。

凄まじい押しに後退の里山関でした。

P9286336.JPG

十両取り組みの後、後援会会長の奄美市長とのご挨拶があり
断髪式が始まります。
posted by えかきさる at 08:58| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

里山断髪佐ノ山襲名披露大相撲1

ごっつぁんで〜〜〜す!

去る9月28日、長年応援してきた元里山関断髪・佐ノ山親方襲名披露相撲に行ってきました。
十両に上がったころから応援し続けて早13年、まさか断髪式・引退相撲を見に行くことになるとは
あまり想像していなかったのでどんな会になるのかどきどき。

会場の11時前に国技館へ行って見ると

P9286182.JPG

P9286183.JPG

辺り一面ひとひとひと、、

これ全部里山関を見に来た人なのか!と圧倒される雰囲気でした。

中に入ってさっそく目に入ったのは
尾上部屋の若い衆の来ている浴衣、この浴衣の柄、

P9286185.JPG

私がデザインしたものなのです。


現役時代に描いた取り組み絵をアレンジして
制作しました。

designdate2_2.jpg

浴衣になって着ているのはこの日初めて見るのでドキドキしていましたが
入り口で早速拝見いたしました。
なかなかに似合っていて一安心。

中に入ると人気力士に人だかり
P9286186.JPG
1週間前、二度目の優勝を果たした御嶽海が囲まれていました。

そして今回、浴衣デザイン協力などもあり
私も断髪式で鋏を入れる光栄に預かりました。
左手にある受付ではがきを渡し、名札と席のチケットなどを受け取ります。

P9286189.JPG
あっ、左下にやくみつるさんの名前が見えますね。

席は溜り席!
あこがれの溜り席です。
チケットを手に中に入ります。


posted by えかきさる at 09:54| Comment(2) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

上野のアーンドラ・キッチン

上野のおひるごはん、
いつもはデリーに行くのですが
お昼時は行列だし、毎回なのでいささか新鮮味がなくなり
なんかいい店ないかな、と御徒町から秋葉方面へふらふら歩いて
ラーメン屋はいくつもあるのだけど
結局カレーモードなんだよなぁ、とガードをくぐり御徒町方面へ戻ると
小道に「アンドラキッチン」の看板。
70000549_2651148291598009_6784675175095861248_o.jpg

あれ?と思いつつ外観を眺め、それっぽいので中に入りました。

果たして、南インド料理屋のアンドラ・キッチンでした。
(アンドラ州は南インドタミルの上にある田園地帯)
ナンがあるのは不思議だったけど
マトン脂身がっつりでうまいカレー久々に頂きました。

69943094_2651148231598015_6891547786920067072_o.jpg

帰り際話を聞いたら
銀座にあるお店と同系列で
銀座のお店はハイデラバード風、
こちらのお店はチェンナイ風で少し辛目、とのこと。
こちらのお店の方が好みかも。
70861796_2651148271598011_8006936053363507200_o.jpg
とりあえず、上野でのお食事候補が一つ増えました
posted by えかきさる at 18:21| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

台風後の陣が下

午後になって台風後の陣が下に行ってきました。

入ってすぐ、いつもキノコを見て歩く山道が
両脇の大木が倒れ道が破壊されていました。

69844379_2646974505348721_7333204698511441920_o.jpg

おそらく一方が倒れ、
向かいの木も支えがなくなって倒れてしまったものと思われます。
70671099_2646967945349377_3044303584255541248_o.jpg
69651309_2646967392016099_7640880753844158464_o.jpg

おそらくしばらくは立ち入り禁止となるでしょう。

昨年10月の台風でも強風で木が倒れ甚大な被害をもたらしましたが
今回はもしかしたらそれに輪をかけて大きな被害をもたらしたかもしれません。

奥の沢も、別の通りも
あちこちで木が倒されており
森の生命活動もしばらく成長を止めざるを得ないような損害です。

沢を抜けた上の公園通りも
木が多く倒されて普通には歩けない状況。。
69693026_2646968425349329_1211154956128616448_o.jpg

どちらも通行止めとなると陣が下自体が通り抜け禁止になるかもしれません。

台風15号は横浜の真横を目が通ったので
うちでも夜中3時ころは風の方向が定まらず四方から強風が家に吹きつけ
家が揺れるほどでした。
今回の台風の強さを改めて感じさせました。
posted by えかきさる at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

うちに来たアシナガバチ

飼育していたアシナガバチの幼虫、
残念ながら死んでしまいました。

餌の食い付きが弱いな〜、と思ったら
すぐあくる日に死んでしまいました。

もっと早くにじかに餌をやった方が良かったのか、
あるいはそのまま働き蜂に見させておいた方が良かったのか
悔いが残ります。

今回、受け取った時点で1週間くらい経っていたようなので
判断が遅かったのかもしれません。
結局幼虫の命を数週間延ばしてだけで終わってしまいました。

投稿ご覧頂きました方、ありがとうございました。

memorie.jpg
posted by えかきさる at 16:41| Comment(0) | アシナガバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

門限破り〜うちにやってきたコアシナガバチ7

「子どもの面倒見ないんなら、あんたたちなんかどっか行っちゃいな!」

そんな啖呵を切った覚えはないのですが、
おそらく羽化して初めて飛ぶ空に本能を覚えたか、
羽ばたいた姉妹、帰ってきませんでした。

DSC_0725.JPG


昼間一度ほど、ベランダに何か飛んでいる気配がしたのですが、、
ケースや巣に寄りつく事もなく
果たしてそれが、家にいたコアシナガバチだったかもわからず

もしかしたらくるっと一回りして
ケースに帰ってくるかなぁ、と
淡い期待を寄せてはいたのですが

大体索敵行動を起こして出ずっぱりって事もないんですよね。
一晩帰ってこない事もありますが
大抵は昼間一度戻ってくる事が多いいです(過去の観察事例より)
なので二匹とも一度も姿を見ない、と言う事は

位置を覚える事が出来なかったか、
あるいは女王指令がないため「戻る」機能が働かなかったか…。
故郷を捨てた姉妹は、もしかしたらお互いも二度と会う事もなく
永遠にこの世界をさまよい続け、、、
いつか、、帰ってこいよぉ〜〜

ベランダで迷ってるコアシナガバチを見つけたら手を差し伸べます。

さ、、刺されるかな。

ともあれ
保護者を追い出したわけですから
私の役割はさらに重くなったわけです。
夕方、姉妹の帰りを待たずに近くの原っぱへ芋虫を探しに行きました。

陣が下では見つからなかった芋虫、
あっさり公園で見つかりました。
遠く行く必要ありませんでしたね。

瓶に葉っぱと一緒にして何匹か持ち帰りました。

そして私、とうとう修羅の道を歩むことになります。

とってきた芋虫には何の恨みもないけれど
芋虫よりもコアシナガバチの幼虫の方を大事にする理由はないけれど
そこにあるのは人間のエゴだけですが

芋虫潰して幼虫にあげました。

DSC_0726b.jpg

一匹はもぐもぐ、動いているようなそぶりを見せるので
食べていると思うのですが
もう一匹は動かないんですね。
蜂蜜水は飲むみたいなんですけど、、
衰弱しているのかしら…。

明日の朝もまたあげてみようと思います。


およそ一週間、共に過ごしたコアシナガバチの姉妹さん、
ケースに移した時のしぐさや巣の手入れをする姿、楽しかった。
この世を楽しんで精一杯生きてね。

P6084764.jpg
posted by えかきさる at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする