2019年06月10日

一歩前進〜うちに来たアシナガバチ5

その後、もう一匹も巣を確認したらしく二匹でおうちに滞在するようになりました。

P6084812.JPG

久々のマイホームに二人で入念のお手入れ、、
延々触覚で触ってなにやら巣のまわりをぐるぐると、、
幼虫がいる事は確認できているようですが
餌を取りに行ったり、世話をしているようにはあまり見えない…。

人間の手にある時は一日に何度も餌をあげるんですけどね〜。
このまま彼女たちに任せて良いものか。

しばらくするとぶ〜〜ん、と飛び立つ音。
おなかがすいたかな?と再び筆で蜂蜜水やり。

P6094893.JPG

食いつく様子はなかなかかわいいものです。
このために筆を一本おろしましたよ。

すると、、

P6094899.JPG

ついに?
成虫が幼虫の世話をしました!
口移しで今飲んだ蜂蜜水を与えた模様です。

あとは〜〜〜、芋虫を団子にして幼虫に与えてくれると完璧なのですが〜
とってきた芋虫に不満があるのか、
それともそうした行動をインプットされていないのか
とってきた幼虫は周囲にあるのですが
そちらには興味を示さず
やっぱり巣の周りをいろいろ調べているだけなんですね。

このままだと幼虫は生き続けるかもしれませんが
蛹にはならないかも。

育て方をよく知らない親戚に預けちゃったみたいで
しかも彼女たちの家なので
占有権は向こうにあるし、幼虫を強奪してこちらで保護するのも
それはそれで勝手な様な気がするし
はて、この先どうしましょう。
posted by えかきさる at 11:40| Comment(0) | アシナガバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする