2020年09月22日

カビはすごい!

本のタイトル、「カビはすごい!」
ですけど
読んでみると、「あなたの方がすごい!」
です。

200922_かび.jpg

カビと言うと、古より保存する食物に生える菌、
最近ではエアコンの中に、とか
洗濯層の中に、なんて話に悩まされたり。

その最近のエアコンや洗濯層のカビを解明したのが
この著者の方でした。
あなたか、我々をパニックに、いや、正確な情報に導いたのは。

私にとってカビは、
良く見に行くキノコとお隣の存在。
子実体(胞子をばらまく目に見える物体)があるかないかで
菌自体の差はあまりないような。。
山に行っても地面にべっとりついていてキノコが生えなさそうなのがあるけど
それはカビと呼ぶべきなのか、粘菌のキノコと言うべきなのか
もう境目なんて見えない。

でも
食べ物にキノコが生えてきたのは見たことないけど
カビは
食パンや、冷蔵庫に置いておいたトマト、餅はほぼ100%カビが生えてくる。
われわれの食生活をおびやかす存在としてはカビとキノコははっきりと境界線があるように思えます。

そんなカビの特性や、なぜ生えるのか、どこに生えるのか、
そして生えた時の対処法まで素人向けに丁寧に解説してくれます。

カビって、植物と動物、分けるとしたらどちらか?
動かないから植物の様だけど他の栄養を食べてい生きているのでどちらかと言えば動物に近い。
そして、酸素を必要としているところも動物に近い。

と言う訳で
100%カビの生えるお餅は
昔は水の中に保存する水餅というものがあったそうだ。
言われると思い当たるものがある。
こんにゃく、水の中に入っている。
豆腐もそう、水煮のタケノコも。
なんで水に入れて保存してあるんだろう、となんとなく
不思議に思っていたけど
あれはカビ対策だったのだ。
水の中ならカビは息ができないから空気中に生息するカビは生えることはない。

なんだかそんな当たり前な事をたくさん気付かせてくれた本です。

胞子は常に空気中に漂っていて
外気に触れれば三日もたてばもれなくカビが生える可能性がある。
さらに内部に水分を多く含んでいるものほど生えやすく
糖分の少ないものには生えにくい。。。
湿気よりも結露による水の方がカビにとって生えやすい環境となって
熱には弱いけど20度前後の水は植物に水やりをしている様に活性化する
などなど、、
今後実にためになる事がたくさん書いてありました。

カビもすごいかもしれないけど、、
この本もすごい!
posted by えかきさる at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

キッチン南海 向ヶ丘遊園店

P6171253.jpg

2002年頃に知ってずっと通い続けているお店。
多い時には月に2,3度
ここ数年は数カ月に一度
延々通い続けているお店です。

今年の頭ころから徐々にご主人に疲れが見え始め、、
いつご閉店されてもおかしくない、と思いつつ毎回通い
ついに7月から臨時休業、8月中も再開のめど立たず、と電話で伺い
とうとうこの日がやってきたか、と感慨に耽り腹をくくっていましたが


9月になり営業を再開した様子を伺い、電話で確認したところ
これまでの土曜日定休から
火曜・金曜を休みにして
土日を営業するスタイルに変更し営業を再開した、との事。

3月に一度訪問し
何がなんでも、もう一度食べたい、と言う子供のたっての希望で
今日行ってきました。

以前は御主人、一人で厨房を切り盛りし
奥様が洗い物、ご飯とみそ汁の用意、などをされていたのですが
御主人、すっかり、、、手元がおぼつかず、、
今日行ったら揚げものや調理を殆ど奥様が担当されていました。
今年の頭くらいからこれまでと様子が違うと思っていましたが
もう来るところまで来た、と言う感じです。
それでもまだお店を営業されている、と言う事は
おそらく御主人はまだまだ続けたい、
その意思を奥様が支えてなんとか営業につなげている、様に見えます。


DSC_19044.jpg

肝心のお味は、、、
もう、食べ終わった直後に、もう一皿食べたい!と思う食事。
冷静になって、多分無理だよな、と。
もう明日にでももう一度食べに行きたいです。
巷のキッチン南海報道などで
お店は2時近くなのに大繁盛、以前は年配の方中心でしたが
若い方がずいぶん見えました。

神保町の本店も、駒場、早稲田、両国、祖師谷、、、
キッチン南海色々回りましたが
ここのカレーが一番なんです。

今日は子供と、妻も一緒に行きました。
妻は私がお店に通い始めた2002年位に一度行っているので
18年ぶりの訪問になります。
一度でも、親子3人で訪問出来て良かったな、と思います。

次は、、こっそり一人で行っちゃおう(^^
posted by えかきさる at 22:59| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

京都へ行って来ました

記事が前後してしまいますが、8月の後半に京都へ行って来ました。

なかなか二日は時間が取れず、日帰りです。
その前の週に京都では39度、なんて気温をたたき出し戦々恐々、、すこし涼しくなってくれよ〜、と思いつつ
着物で行くことはあきらめました。

いざ伺った25日、朝からやはり気温は上昇し
そんな中バスを駆使して挿絵を描いている小説の舞台をめぐります。
バスを使うから大したことない、、なんて思っていましたが
それでも随分とぐるぐると歩きまわり
お昼頃は三条大橋へ、
川を渡る風の涼やかな事!

118541502_3489569744422522_8598633642531685519_o.jpg

お昼は錦市場で買い食い、、なんて思っていましたが午前中三か所回ってもうへとへと。。
少し腰を落ち着けたい、と知人から紹介されたお店にお邪魔しました。

午後は霊山歴史館と言う幕末の京都の資料を多く展示している場所へ。
こちらが清水寺の近くで結構な坂を上ります。
なんで、、こんな、、山のぼりをしているんだろう、と思っていた14時頃
この日の最高気温37度を記録していました。

幸い熱中症になったり、あくる日から体がだるい、なんてことはありませんでしたが
帰宅後は「京都良かった?」と聞かれても「つかれた…」しか出て来ませんでしたが
後々、原稿を描く段になって改めて、行って来て良かったな〜、と。
地理が立体的に、と言うか色々な物の距離感がつかめた感じがします。


118015609_3490493184330178_3859362434695065733_o (1).jpg

霊山護国神社に祭られている
坂本竜馬はじめ登場人物のお墓参りもしてきました。
posted by えかきさる at 11:44| Comment(0) | 絵を描くために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

ブルーブラックな蝶(ミヤマカラスアゲハ)

先週取材で京都へ行き、その前の週から原稿を詰めて、
帰ってから書き直しがあったりしてちょっとどたばた。
納品したあくる日、別の予定があったものの流れたので
陣が下へ小休止に行きました。

118058617_3495935667119263_7193418010144435158_o.jpg

そこへひらひらと黒くてブルーなアゲハ蝶が
ひたすら私の周りを飛んでは地面の水を飲んでおりました。

118566511_3495935623785934_7191750942019018137_o.jpg

そのほかキジバトも水の飲みに来ていた。

118522335_3495936633785833_4470082128288062515_o.jpg
みんな暑いもの、水飲みに来るよねぇ。
posted by えかきさる at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする