2006年04月09日

あさぶら

別に朝からぶらぶらしている訳ではない。
する時もあるが今日は違う話である。

昨日、都内で時間が空いた。
夕方には大塚で友人のライブがあり、夜は似顔絵展の会場六本木556へ行かなくてはならない。
銀座の近くだったので銀ブラと行こうか、と土曜歩行者天国を歩くも5分で飽きてしまった。
銀座線が近いことだし、また上野動物園に行ってスケッチでもしよう、と今度はメトロへ。

電車に揺られているうちに「毎度上野動物園ってのも芸がないな、、たまには普段行かないところへでかけるか」と
行き先を浅草へ変更。
浅草に降り立つも慣れていないだけあって何をして良いのか分からない。
分からないときの友達頼み、と詳しそうな宮澤やすみさんにお電話、
「おいしい和菓子屋さんない?」見回せば和菓子屋しかない地でなんとも漠然とした問いかけであったがちゃんと答えてくれた。
「雷門の正面にある亀十のどらやきはおいしいよ」
向かえば行列が並ぶ店先、購入して浅ブラしながらほぉばる。かつてないおいしさ。

お寺の本堂で一休みした後小腹が空いてきた。
最近556でお酒をよく飲むので体重も増加気味。ここは軽く済ませたい。
困ったときのやすみ頼み、またお電話。「雷門正面の道路沿いにやぶそばがあるよ」
一度食してみたかったそばの名店、時代を超えて堪能。
時に5:30、ライブにはまだ一時間半を残した時の出来事であった。

つづく
posted by えかきさる at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩と言いつつ道に迷う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック