2006年04月10日

あさぶら〜彷徨編

あさぶら〜1がありますのでそちらを先にお読み下さい。

浅草を満喫して時17:30、
大塚で行われるライブにはまだ一時間半ある。この時間を使ってまた新しいことをしてみたい。そう考え、コンビニに走り地図を検索。果たして大塚までは歩けるのかを検討した。
無念、4時間はかかりそうな距離だ。そこへ面白そうな路線を発見。
浅草から北へ1km程の三ノ輪から大塚まで路面電車が走っている。都電荒川線だ。これにはまだ乗ったことがない。

さて、三ノ輪はどちらの方向であろう…などとうろうろしている間に時計は6時をまわろうとしていた。
このままでは三ノ輪まで歩いた時点でライブ開始の7時になりそうである。そこへ!
目の前のバス停に「三ノ輪経由池袋行」と言う路線バスが停車。きっとこれは神の啓示、と有無を言わずに乗車。
車窓からムエタイのジムなどを楽しんでいる内に路線の半分も行かず18:30をまわり焦り始める。
既にバスに乗った時点で三ノ輪から路面電車の旅はあきらめた。
不意に到着したバス停は「西日暮里」たくさんの乗客が降りている。ここだ!と流れに乗り西日暮里の駅を目指し山手線に無事乗車。
大塚までは10分ほどなので45分には着きそうだ。

いろいろあったけど何とか間に合ってよかった…。
そばは旨かったし、どら焼きもおいしかった。お土産にかりんとうも買った、ライブには誰が来ているのかな、、場所はすぐに分かるかな、、
様々な情景が頭を駆けめぐる。すると、、
「長らくの乗車ありがとうございました、次は、、池袋。池袋」



の、、乗り過ごしてるぅぅぅ!

乗降とは反対のドアにもたれ、あまりにも落ち着いてしまった。
すぐ降りる!反対ホームへ急ぐ(違うんだ、これが)!
あれ程までに持て余していた時間はどこへ行ってしまったのだろうか。
今考えれば浅草と池袋の距離を考えたら普通に移動しても30分はかかるのだから、6時の時点で素直に電車で向かっていれば良かったのである。

ライブへはきちんと(?)5分前には到着しました。
うん、、いい暇つぶしが出来た、と。
息を切らしながらつぶやく私であった。

posted by えかきさる at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩と言いつつ道に迷う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック