2014年09月16日

手乗りアシナガバチ


10518627_772056932840497_4794079435579272432_o.jpg

少し前にベランダにアシナガバチの巣が出来た事をブログに描きました。
ちょうど夏休み前でしたので子どもの夏休みの自由研究の題材にして
日々観察を続けていました。

その結果、、、

残念なことに

どうやら女王蜂が巣を放棄してしまった様なのです。

毎日の様に人間が巣の間近まで来てじーっと見ていた、、事が原因かは正直分かりませんが、、
夏休みが終わる事、みかけた蜂は顔の白いオス蜂でした。
子どもに読み聞かせをした「風の中のマリア」によれば
巣を放棄した、あるいは働き蜂に蜂起され女王蜂がいなくなった巣では
働き蜂が「無精卵」を生み
その無精卵からオス蜂が生まれるのだそうです。

9月の頭に最初のオス蜂を見つけ、、
その後も生まれる蜂は顔の白いオス蜂ばかり。
巣は一向に大きくならず、働き蜂が徐々に減り
全く働かないオス蜂だけが巣に残りました。

オス蜂は巣から離れようとせず食べ物もなくいずれ力尽きて行くのでしょう。
あるいは最後に食べ物を探して野に放つのかもしれません。
その中の一匹を箸でつまんで家で飼って見る事にしました。
飼うと言ってもケースの中に入れるのではなく放し飼いです。
そう、産卵管のないオス蜂は刺さないのです。

しばらく明かりを求めて部屋をさまよっていた後に
蜂にいる事に慣れてから、そっと昆虫ゼリーを近づけました。
すると、お腹が空いていたのでしょう
触覚で確認すると吸い寄せられるようにくっついてきました。

そして冒頭の様な写真になりました。
始めオス蜂と言えど姿かたちは刺す蜂と変わらないので
わかっていても恐怖心がありましたが
徐々に慣れ、手の上を歩いても気にならないようになりました。

ベランダ脇で大きな巣になり蜂の塊、、まで育てる事は出来ませんでした。
自らの手で蜂の生活を脅かしてしまったのですが
こうして手に乗せることが出来たので今年の巣はこれで良かった事にします。
次に巣を見つけたら、、出来るだけ刺激しない様に暖かく見守ります。

posted by えかきさる at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アシナガバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック