2017年11月10日

1泊2日博多・北九州旅行〜博多放浪編

1泊2日で博多・北九州に行って来ました。
二日ながら非常に濃い時間を過ごしましたので
少しずつブログにUPしていきたいと思います。

博多に着いてまず最初に目指したのは漁港にあるお寿司屋さん。
9:20空港着、外に出るとすぐに地下鉄乗り場。
あまりにも直結で果たしてここが九州なのか博多なのか
良く分からないまま地下鉄に乗車。
最寄り赤坂駅まで16分
そこから歩いて5分、魚の卸売市場到着。
PB091595.JPG
脇にあるお寿司屋さんを見つけ入りました。
PB091596.JPG

なんとまだ10時前。
飛行機が到着して40分で最初の目的地に着きました。
なんという利便性の高さ。
PB091597.JPG
お寿司は白身魚を中心にオーダー。
鯛、ヒラメ、アラ、生サバ、玄海鯵などなど。

最初の目的を予定通りに達成して気分爽快、
せっかくなので港を一目見ようと散策。
PB091603.JPG
フェリー乗り場方面に歩いて船を見て満足。

そこから天神を目指します。
近くを天神行きのバスが通ったのでそれをあてに進みます。

途中競艇場を発見。
PB091605.JPG

時間に余裕あったら覗きたかったけど
12時に知人と博多駅で待ち合わせ。

PB091606.JPG

その向かいに映画館も発見。
流行りのシネコンではなく昔ながらの映画館。
なんかあるだけで嬉しくなる。
旅行先で映画を見ると忘れられない一本になるけど
そんな時間ある訳もなく写真のみ。

ho.jpg
歩道橋には福岡マラソンの垂れ幕。
そうですか、今週末にあるんだ。

PB091610.JPG

さらに行くと百貨店型の建物のイオンが見えました。
おそらくここが天神の端っこ。
元々はイオンではなかったんだろうなぁ。

PB091612.JPG

ここでバス停を発見。
バスの路線図を見ると道路の方向が分かるけど
丁寧に地図が備え付けてある。
スマホなくても迷いません。
地図では中洲への道路を確認。

PB091615.JPG
更に進むとパルコと三越が見える。
多分ここらが天神の中心部。

PB091616.JPG
中洲へ向かう途中、水鏡神社があったのでお参り。

PB091621.JPG

天神橋を渡るとそこは中洲。
言葉通り、川の中州になっているみたい。
PB091623.JPG

小さな中洲にビルがひしめきあっている。

PB091624.JPG

橋を渡ると一蘭の本社。
横浜のお店と味違うのかな?

PB091625.JPG
ここでまた映画館を発見しました。
こう言う年月を経た映画館っていいなぁ。

PB091626.JPG
中洲の通り、まだ午前中なのでとても静か。

PB091627.JPG
駐車料金、高いです。

PB091630.JPG

そして中洲を抜けるとキャナルシティにぶつかった。
90年初頭、アパレルの営業をしていて
突如現れたキャナルシティ店、売り上げがハンパなかった。
なにそれ?天神と違うの?博多と違うの?と
キャナルシティって何?
ようやくこの目で見る事が出来ました。
当時おそらく日本一の売り上げを誇っていたと思います。

PB091632.JPG

今ではお馴染のテーマパーク型のショッピングモール。
25年前初めて入った人は度肝を抜かれただろうなぁ。

PB091636.JPG

キャナルシティから出ると
なんか先の続きそうな大通りを見つけて
なんとか駅に行けそう。

ここで面白い物を発見。
ちず.jpg
古地図と現在の地図が重なった物。
これを見ると卸売市場の辺りは元々海で
天神の通りが海岸を隔てた卸問屋の通りだった事が分かる。
お城まで続いているお濠と水路は今はもうない模様。
天神に卸問屋があり、中洲が歓楽街となり
そこから離れた場所に博多駅を作り
その二つの町を結ぶ形でキャナルシティが作られたのがよくわかります。

PB091640.JPG
そして駅が見えました。

ここではた、と気づく。
PB091642.JPG
なんだかやたら道路が白い。
そしてなんとなく見覚えのあるコンビニ。。。。
ここは、、、

昨年陥没のあった道路ですね!

PB091643.JPG

ここは、駐車したまま車を出せなくなった駐車場ですね!

こんな大きな駅前の道路であんな事故があって
人的被害がなかったって、、本当に奇跡だ。

それにしても
駅前の駐車場は激安。
中洲よりも駅前の方が安いって不思議。
だったらみんな駅前に止めるよね。

PB091649.JPG

そして無事12時前に博多駅に着き
やんちゃぼうずに会う事が出来ました。

博多に着いて最初の2時間、なかなかエキサイティングでした!
posted by えかきさる at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: