2018年08月20日

キューバで絵を描く!〜キューバ旅行記8

キューバに限らず、どこかに旅行したなら絵を描きたい、
別に旅行でなくてもスケッチブックは持ち歩いているけど。

いろいろ試行錯誤した結果、
普段使っている和紙をA4サイズに切って、
100円ショップでA4の画用紙とビニールケースを買って持参しました。
半紙サイズだとカバンに入れるのに、
あるいは渡された相手も持ち帰るのに
微妙に大きくて持ちづらいんですよね。

最初に書いたのは三日目、郵便局を目指した途中で休憩した公園で。
アマル公園と言う、繁華街オビスポの先、海近くの公園です。
公園の囲いがぐるっと座れるようになっていて
隣の方が知人と大きな声で話している。

その方、しばらくして私に「ハポン?」と話しかけてきたのでスペイン語で会話
日本は遠いだろ、飛行機で何時間かかった?とか
ハバナにはどのくらいいるのか、とか
いろいろと話しました。

これ幸い、と
もうここは強引に絵を描きに行く方向にもっていくしかない。

"Soy de japon, soy pintura en japon. ahora,pintura usuted..."(私は日本人です、日本の画家です、今、絵、あなた、、)
後半は相当怪しいけど身振りでなんとなく理解してもらいました。

ところが描こうとしたら墨がない…。
道中機内に液体墨は持ち込めないので硯を持ち込み、
硯は重いので出かけるときに荷物から外してしまったのだ(代わりに液体の墨を入れなければならなかった)。

仕方がないので和紙にペンでスケッチ。

P8117055.JPG


すぐさま、一緒にお話しをしていた方もスケッチ。
P8117056.JPG

この方は日本と言えば「おしん!(ochinスペイン語ではオチン)」
私おしん大好きなの見た?私は二回見たのよ、全部、二回(segundo!)!

あと、、イノチって言うドラマもキューバでヒットした様です。

P8117057.JPG

本当は墨で描きたかったけど
気に入ってもらえたようです。
posted by えかきさる at 20:44| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: