2018年08月25日

キューバの食べ物〜キューバ旅行記15

キューバのご飯、と言うとあまりイメージがないけど
実際に行ってみても
どれがキューバ料理だったのかいまいちイメージをつかみかねる状態。

メニューを見ると米食がメインなようで
日本人からすると非常に対応しやすいお味でした。
お肉の一品料理にはご飯とサラダが自動的について来て、、
ってこれがわかる様になるまでにも時間がかかって
ついてくるって最初からわかっていれば苦労しなかったのに、、と言う話。

P8137166.JPG

cerdo(豚肉) asado(焼き)と書いてあるメニュ−を頼んだらこれが出てきた。
写真とかはついていないので出て来るまでどんなものかわからない所がひやひや。
ここは宿の近くで表にメニューが出ていなくて人もあまり入っていない。
その割には結構おいしかったお店。英語はあまり通じない。
値段は4.5CUC(450円)。

P8147223.JPG

こちらは少し中央寄りのお店なので値段も高め700円くらい、
盛り付けもそれなりにちゃんとしている。
どちらにもバナナのフライトアボカドがついている。
この辺りがキューバ方式なのかな?

P8096866.JPG

P8096867.JPG
更に高くなって1000円くらい、
このお店はオビスポ通りと言う観光客向けの繁華街近くのお店。
ここだと英語が堪能な店員しかいない。

P8117065.JPG

パン食も多くて
レストランではなく、通りの買い食いするようなお店はパンのメニューがメイン。
パンの奥に見えるのはサツマイモのチップス。
何故かジャガイモではなくサツマイモチップスの方が多い。

この写真はオビスポ通り近くのお店で
それでも3cuc(300円)と安め。
ピザもどこのお店にもあって、先にお見せしたように

P8107034.JPG

CUP表示のお店で買ったこのピザは17cupで68円。
注文してから具を載せて焼くのでなかなかうまいです。
このお店で上記写真の様なハムチーズパンを買うと10ペソで40円。

本当に買う場所によって、全く違う値段が付いているのがキューバです。
食材自体はどこも同じものを使っていると思われるので
味は大きな違いはないように思えます。
安ければよい、のではなくて
どこが心地よいか、と選ぶと良いかなぁ。
posted by えかきさる at 09:43| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: