2018年10月14日

japon en cuba3 キューバの中の日本3

ポツン、ポツン、とあるキューバの中の日本を感じてきましたが
最終日にもある出来事がありました。

それは、車の写真を撮りに行く行きがけ、
話しこんだ土産物屋さんのおじさん。
なかなか気が良くていろいろとお話しをしました。
クラシックカーを見にキューバまで来た話をすると
「今は日本の車はすごいよね!トヨタ!」とここで初めて日本車の話し。
キューバの方は例外なく車好きなので
トヨタは世界に冠するトップブランドなのでしょう。

そのおじさん
「日本と言えば、日本に関係している島があるんだよ、
日本人ならそこに行かなくちゃ」なんて話しだすんです。
いや〜〜〜、そんな場所聞いたこともないし、ガイドブックにも載ってないし
本当かな?
「本当だよ、ここ、ここ、」
とキューバ本島の下にある大きめの島を指さしました。

本当かいな、と疑心暗鬼に駆られながら
何せオールスペイン語ですからね
私の耳で聞いたこともあまり信用できない。

キューバから帰ってすぐには調べられず(いろいろドタバタしていたので…)
頭には引っかかっていたのですが本当かな、と

ついにふと思いだして調べてみました。
すると、、
キャプチャ.JPG
日テレニュース24

どうもその島、本当に日本人と深い関わりがあったようなのです。
なんでも戦前に砂糖開拓で南米同様に多くの日本人がキューバに移民をし
アメリカと開戦した際、当時ほとんどアメリカの属国だったキューバで日系人がこの島に集められ収容されていたらしいのです。

そんなキューバと日本の関わりがあった事なんて
ガイドブックには一言も書いていない…。
おじさんの言った事本当でした。

おじさん.jpg

ありがとう!
またキューバ行ったら寄ってお土産買うよ(笑)
posted by えかきさる at 02:32| Comment(0) | キューバ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: