2019年04月09日

モスクワ紀行3〜VDNH!

今回のイベントの会場となったのがVDNH(ヴーでんはー)と呼ばれる場所です。
私も行くまで、いや、行った後もどこがブーデンハーなのか
どれがブーデンハーなのか理解できていませんでしたが
通訳の方が教えてくれました。

P4020108.JPG

ソビエト時代に、政府が国の素晴らしさを国民に伝えようと
博覧会のような感じで農業や工業、アルメニア、カザフスタンなど
技術分野から地方の文化など様々なものを紹介する場所を作ったようなのです。
当時は娯楽施設がなくモスクワ唯一の娯楽展示場だったとか。

alDSC_0442.jpg
パネル移動の写真の後ろにアルメニア館が写っています。
現在は使用されず改修されて他の展示に使われる模様。

その敷地を利用して作られた
現代的な展示会場が今回の会場[パビリオン75] であり
ソビエト時代に作った建物を利用しているのが「ロボスタンツイァ(ロボットステーション)」なのです。

P3291250.JPG

モスクワではもう殆ど見ることができないレーニン像も
ソビエト時代の名残として現存しています。

P3291248.JPG

ホテルからVDNH全体をみるとこんな感じ。

vdnhP3281125.jpg


同じ敷地には数年前に「宇宙博物館」が開館し
ロシアの宇宙開発の歴史が肌で感じられる施設となっています。

P3291191.JPG

宇宙博物館については次の回でお話ししようと思います。
posted by えかきさる at 07:10| Comment(0) | モスクワ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: