2019年04月12日

モスクワ紀行9〜ドム・クニーギ(本の家)

モスクワへ行って必ず寄ろうと思っていた場所
それがドム・クニーギ(本の家)です。

それは前回のブログでも触れましたが
ビリビン関連のものを探すためでもあり
なんとな〜〜く本屋さんをさまよっているだけでも楽しそうだったから。
ですが、ドム・クニーギは本屋さんの枠を超えていました。
P4010006.jpg

メイン通りに広く構えた店内は
それだけでもモスクワで大きな存在感を放っています。
只者ではない、、店内は本だけではなく文房具やおもちゃ、雑貨、
そして敷地内にはアクセサリーや装飾品、それに切手売り場がありました。

文房具は先に別店舗を訪れていたので
さほど驚きはありませんでしたが
他の店舗よりもはるかに品ぞろえがよく
なんとなく輸入品が目立ちました。
おもちゃも同様でロシア製のものはなくて
なんとなく輸入品を得意とした有隣堂(神奈川限定)みたいな存在に見えました。

店内を歩いていると次々に
ロシア的なものを見つけ、ついついここでしか手に入らない、なんて言う限定的な魅力に取りつかれ
次々とスーツケースの重りが増えていくのでした。

中でも掘り出し物だったのは

P4121511.jpg
キノコの本

ロシアはキノコを非常に重要な食料と位置付けていて
多くの方がキノコ狩りを楽しみ、みんなさんキノコの知識も豊富です。
ロシア語を勉強していても、キノコの話題が出てくるほどです。
この本を手にしてみて写真の正確さに驚嘆、
すべてのキノコを同じ条件で撮ることは難しいと思うのですが

P4121513.jpg
多くを「全体像」と「傘の裏のヒダ」、それに「裂いた時の裂け方」を掲載しています。
同定するのにこれほど親切なキノコ書を私は見た事がありません。
P4121512.jpg
いくら重くても、値段がしても、これは即買いでした(日本円で1200円、決して高くはない、いやむしろ安い)。

あまり店内を歩くと、
これもロシアでしか手に入らないんじゃ、、と
どんどん荷物が増えてしまいそうな予感
途中からは歩く際に棚を見るのをやめたほどでした。
でも次行ったら時間たっぷりに散策したい!
posted by えかきさる at 09:02| Comment(0) | モスクワ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: