2019年06月09日

芋虫を探しに〜うちに来たアシナガバチ2


引き取ったアシナガバチの幼虫を育成すべく
陣が下へ行って来ました。
陣が下を散歩していると、大抵シャクトリムシやら毛虫やらを見かけるのです。

ですが雨上がりとあっていよいよキノコの季節

P6084650.JPG

「キノコバッカ見てないで幼虫探してよ」
「キノコを見てれば幼虫も見つかるの」
と言う掛け合いもむなしく
雨上がりの山には普段見るシャクトリムシや芋虫の姿が見えず

P6084655.JPG

雨にぬれた蜘蛛の巣がきれい、、

幼虫探しよりも別の事に夢中な私に
若干あきれ気味の子ども、、

P6084658.JPG

そこへ動くものが、、

P6084663.JPG

陣が下では珍しい?茶色系のサワガニでした。

P6084675.JPG

いつもの青系のサワガニも
P6084684.JPG

P6084690.JPG

また小さい茶色のサワガニも見つけました。
雨上がりはカニが陸にあがって避難しているみたいです。

P6084692.JPG

山道にはホウライタケ(あるいはサクラタケ?調べてないので・・)

P6084699.JPG

ツエタケらしきものも、、

小さな芋虫を探して目を凝らしていると、、

P6084701.JPG

これ、なんだかわかりますか?

P6084703.JPG

カタツムリの赤ちゃん!

P6084714.JPG

こっちはもっとちっちゃい、
私の目では見つけられません。

P6084724.JPG

こちらはコウガイビル、と言う山に住むヒル
人害はなくて主にミミズやナメクジを捕食するそうです。
この形で、、ミミズを丸のみするとか、、本当かな?

P6084725.JPG


はた、と気づくと小さな幼虫が大量に地面に落ちていました。
木から落ちているみたいでテントウムシの幼虫に似ている、、
何かの甲虫の幼虫かもしれません。
これを少し持って帰りました。

P6084725.JPG

はた、と気づくと草むらからアオダイショウさんがこちらをうかがっていました。
1.5mくらいはありそうな大きな個体です。
陣が下では青大将をもっともよく見かけ、
大きめのものもこれまでに3度ほど出会っています。
他にはジムグリだけで、マムシ・シマヘビ・ヤマカガシはまだ見た事がありません。


P6084732.JPG

原っぱに出て子どもが「見つけたよ〜芋虫」と
ちっさいのを想像して見に行って、、
この写真の中の物体に気づいて、、声をあげて驚いてしまいました…。

P6084755.JPG

木のテーブルにもよく幼虫を見かけるのですが
この日いたのはカマキリの赤ちゃん

P6084757.JPG

そして手すりにもよく幼虫を見かけるんだけど、、
いたのはナナフシだけでした。

目当ての幼虫は、、あまり手に入らなかったのですが
小さいものを探していて
普段とは違う世界を楽しんだ気がします。
posted by えかきさる at 10:30| Comment(0) | アシナガバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: