2019年06月13日

門限破り〜うちにやってきたコアシナガバチ7

「子どもの面倒見ないんなら、あんたたちなんかどっか行っちゃいな!」

そんな啖呵を切った覚えはないのですが、
おそらく羽化して初めて飛ぶ空に本能を覚えたか、
羽ばたいた姉妹、帰ってきませんでした。

DSC_0725.JPG


昼間一度ほど、ベランダに何か飛んでいる気配がしたのですが、、
ケースや巣に寄りつく事もなく
果たしてそれが、家にいたコアシナガバチだったかもわからず

もしかしたらくるっと一回りして
ケースに帰ってくるかなぁ、と
淡い期待を寄せてはいたのですが

大体索敵行動を起こして出ずっぱりって事もないんですよね。
一晩帰ってこない事もありますが
大抵は昼間一度戻ってくる事が多いいです(過去の観察事例より)
なので二匹とも一度も姿を見ない、と言う事は

位置を覚える事が出来なかったか、
あるいは女王指令がないため「戻る」機能が働かなかったか…。
故郷を捨てた姉妹は、もしかしたらお互いも二度と会う事もなく
永遠にこの世界をさまよい続け、、、
いつか、、帰ってこいよぉ〜〜

ベランダで迷ってるコアシナガバチを見つけたら手を差し伸べます。

さ、、刺されるかな。

ともあれ
保護者を追い出したわけですから
私の役割はさらに重くなったわけです。
夕方、姉妹の帰りを待たずに近くの原っぱへ芋虫を探しに行きました。

陣が下では見つからなかった芋虫、
あっさり公園で見つかりました。
遠く行く必要ありませんでしたね。

瓶に葉っぱと一緒にして何匹か持ち帰りました。

そして私、とうとう修羅の道を歩むことになります。

とってきた芋虫には何の恨みもないけれど
芋虫よりもコアシナガバチの幼虫の方を大事にする理由はないけれど
そこにあるのは人間のエゴだけですが

芋虫潰して幼虫にあげました。

DSC_0726b.jpg

一匹はもぐもぐ、動いているようなそぶりを見せるので
食べていると思うのですが
もう一匹は動かないんですね。
蜂蜜水は飲むみたいなんですけど、、
衰弱しているのかしら…。

明日の朝もまたあげてみようと思います。


およそ一週間、共に過ごしたコアシナガバチの姉妹さん、
ケースに移した時のしぐさや巣の手入れをする姿、楽しかった。
この世を楽しんで精一杯生きてね。

P6084764.jpg
posted by えかきさる at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: