2019年09月30日

里山引退佐ノ山襲名披露大相撲3


まず最初は会長の市長さんから始まり
やくさん
鈴木おさむさん
中孝介さん

P9286347.JPG

そして五十音順で200名が呼ばれ
私は最後半に呼ばれました。

それまで会場にいらした知人桝を回り
軽く談笑していたのですが
ヤ行辺りで席に戻り(談笑していた友人は名前が近づいてもまだ話しているので気になって仕方なかったらしい)
いよいよ呼ばれる数名前になると
手に汗がじわ~~~、呼ばれる前に行った方がいいのかな、
いや、それじゃ呼ばれる意味がないな、とじっと待ち
名前を呼ばれてから立ち上がりました。

IMGP3747.JPG

土俵下に立つと
なんとも言えぬ怖れがあるんですね。
長年見てきた舞台、というか
神の舞台に上る様な

何か拝みたくなる様な気持ちになりましたが
おかしな行動はとれず呼び出しさんの案内されるままに土俵に上りました。

IMGP3748.JPG

土俵に上ってみると、
小さいんですね、
ここでいつも死闘が繰り広げられているのか、と
感慨深くなります。

そして促され、前に進み
行司さんの持つ三宝の上の鋏を取ります。
(今気づきましたが行司さん、1時間以上この姿勢で三宝を持ち続けるのですね…)

P1200036.jpg
鋏はかなり大きめで親指を入れる穴が小さく、
もう片方の穴がやたらに大きかったです。

P1200037.jpg
行司さんが切る場所を指さすものの
かなり後半ですので切れそうなところは見当たらず、
奥の方に鋏を入れさせていただきました。
P1200039.jpg
じょき、と手ごたえがあり、
あぁ、鋏を入れた、とこの日の大仕事の感触を得ました。

鋏を置いて、
里山関に
「長い間、ありがとうございました」とお伝えし
土俵を降りました。

P1200043.jpg
席を立って、3分20秒の出来事でした。

maruyamaさま、素晴らしい写真ありがとうございました。
posted by えかきさる at 13:55| Comment(0) | お相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: