2015年05月26日

卒園児ズーラシア

こどもが保育園を卒園して3年目になりますが
今年も卒園児で集まりズーラシアへ遊びに行きました。

小学校に上がり、新しいお友達も増え、
なんとなく子ども自身も新しいキャラになった様な感じで
もう保育園の頃と様子が一変している様にも思っていましたが
みんなで集まると
「あれ?こうだったかなぁ」と
変わっているのが自然なのか
もしかして変わっていないのか
それぞれに成長しているはずなのですが
それもそのまま自然に受け入れて
以前の様に仲良く遊んでいる姿を不思議に思いました。

10人程度のクラスで長い時間を過ごしたのですから
多少の変化は表面的程度のにしか感じないのかもしれませんね。
異年齢のお友達とも、どこでも誰とも自然に触れ合える
知らない顔のいない中で
いつもに増してのびのびと一日を過ごしました。

P5240638.jpg

ズーラシアと言う場所も
勿論動物園で動物を見るのがメインの場所ですが
様々な景色の移ろいと共にお散歩ができて、
ところどころに遊び場のある
子どもにとっては巨大な公園の様で
一日かけた遊ぶにふさわしい場所なのだと思います。

また来年も楽しめるといいなぁ。
posted by えかきさる at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

小2のお手製カレー

突然「カレーを一人で作る!」と言って
1時間かかってここまで準備しました。
カレー10687466_879819328730923_3113054270197474771_o.jpg

「これでもまだ(ルーの裏に書いてある作り方の)@まで行ってないよ〜」
と疲労困憊(^^;

せっかくなので私は食材にまったく手を触れない様にして最後まで作ってもらいました。
家のカレーなのに外で食べるカレーの味がしました。
人に作ってもらうカレーって、それだけでおいしいですよね〜。

結局完成までに2時間かかりました。
「遊びって感じだったけど全然大変。
野菜切るだけで体力すごい体力使っちゃった。
最後体力が限界〜〜って所で完成して
エネルギー吸収して元気になった。」
だって。
posted by えかきさる at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

11月の海

骨に興味を持ちだしたうちの子。
知人が「骨の学校」なる本を紹介してくれて
いろいろと骨への接し方を覗き見ました。

その中で、簡単に綺麗な骨を手に入れる方法として
海岸を歩いて漂流物から探す、という方法がありました。
そう言われれば最初に興味を持つきっかけになった鳥の骨は浜辺で拾ったものでした。

そこで予定の空いている手ごろな日、、今日ですが
「紅葉の大山に登りに行くか、海岸で骨を探すか」と前日に聞いて
海へ行く事にしました。
新聞で確認すると、干潮がちょうどお昼の12・30頃で
なんともタイミングの良い日でした。

817188_2121879102_235large.jpg

おそらく一番近くて広い海岸、辻堂海岸へ車で30分強。
幸い日も出て寒い風にも当たらずてくてくと海岸をひたすら歩きました。

817188_2121879101_173large.jpg

お目当ての骨は少ししか見つかりませんでしたが
ずーっと探しているといろいろなものが見つかりますね。
今度は、、嵐、大波のあくる日に探してみたいです。
posted by えかきさる at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

骨が好き

うちの子、骨が好きです。

最初のきっかけは、多分海岸で拾った鳥の骨。
綺麗に真っ白で、持って帰っておそらく海鳥だろう、と。

そこから骨に興味を持ちだして「他に骨ないかな〜」と言うので
先日マグロのカマを食べた後で煮込んで
歯ブラシで洗わせて骨を取りだしました。

4091981_2117421383_96large.jpg

でも残念ながら、この骨は綺麗だけど
切断されていて完璧な骨じゃない。

次に、キンメを煮た後に骨を取りだしました。
最初はカマだけ取ってマグロと同じ所と違いを見よう、と思っていたのですが

4091981_2117418531_25large.jpg

見ていて部位を記憶できるらしく
場所ごとに分けておいて

後日グルーガンと言うプラスチックを溶かして使う接着用品を買って
組み立ててみました。

4091981_2117421385_77large.jpg


4091981_2117421384_62large.jpg

あいにく、、1週間ほど経ってしまい
記憶があやふやとなり
正確には組み立てられませんでしたが、、

4091981_2117421388_20large.jpg

元から今回は組み立てることを想定していなかったので
失敗は成功の素って事で
次回はあらかじめ骨を取りだす前に写真を取っておく、
部位ごとの写真も撮っておく、なんて事も覚えました。

果たして普段手ベている魚から骨格標本作れるのかな、と
少しわくわくしています。
posted by えかきさる at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

自転車でどこへでも

夕日をよく見る坂の上の公園近くに
ケーキ屋さんが出来たのでお散歩がてら行ってきました。
子どもは自転車じゃ行けないよ、と言っているのに
無理やり自転車で登っています…。

10342905_779093422136848_2971450454884564505_n.jpg

階段のさきも坂、急坂、
そこから公園へも更に坂。
それでも「自転車の方が楽なんだ」って。

ここ、帰りの方が大変でした。
自転車が落ちて行きそうで…。
行きよりも、、帰りに懲りてもう行かないって。
posted by えかきさる at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

牧場訪問

23日の祝日、八王子方面の牧場へ遊びに行きました。

今年の前半は干支の取材で度々訪れていましたが
用が終わると足が遠のき、最近は動物園にも牧場にも行っていませんでした。
親の都合に翻弄されて子どもがすっかり牛不足になっていたので
補充しに行きました。

近所にも牛が見られる場所はあるのですが、
ゆっくりと自然も交えて触れる、と言うとどうしても
八王子方面へ行きたくなります。

最初に訪れたのは宮ヶ瀬ダム近くにある服部牧場さん。
広い敷地に牛、ヤギ、ヒツジ、いたるところに鳥小屋、
様々な形で触れ合う事が出来ます。
100円で餌を買ってヤギやヒツジにえさやり。
求められるのが人の心をくすぐるのですね。

午後は京王線山田駅近くの磯沼牧場さんにお邪魔しました。
こちらでは新たに裏山を切り開いて山林での放牧を始めていました。
817188_2108014924_10large.jpg
食べられそうな草を選んで牛にご飯を上げて、、
817188_2108014925_122large.jpg
この行為が子どもは好きなようです。
他の生き物と共存している気持ちがよいのでしょうか。
817188_2108015150_99large.jpg
なかなか足を延ばさなければ経験できないのですが
出来るだけ継続して触れさせたいと思っています。
posted by えかきさる at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

読み聞かせ本

寝る前に絵本を読む習慣を、と言う妻の勧めに従って
絵本を読みだしたのはいつころからだったでしょうか。
気が付いたら寝る前に本を読んでいました。

でも家にある絵本の数も限られています。
少しずつ絵の数を減らし、徐々に文章だけの本に移行して行きました。

2011年ころから「世界童話宝玉選」シリーズを買い集め
ロシアの民話集を経て
オズの魔法使い、ふしぎの国のアリス、と続き
物語系に移行しました。

読み聞かせ本.jpg

小学校に上がっても「本は読んでもらう物」てな感じで
一向に自分で読もうとしていませんでしたが
今年の夏休みに読書10冊の宿題が出て
ようやく自分で本を取る様になりました。

まだまだ寝る前の読み聞かせは続きます。
最近は斉藤敦夫さんのガンバシリーズにはまっています。
情景が目に浮かぶような文章で読む方にも熱が入ります。

いつかはこう言う本も自分で手に取るようになってほしいなぁ。
posted by えかきさる at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

小網代の森

京急三崎口から徒歩20分ほどの所にある森で
近くに工場などがなく、原生のまま川流域丸ごと生態系が残っている珍しい森だそうです。
県と京急などで整備をしこの7月に一般開放となりました。
先週新聞記事を見かけて子どもの夏休み最終日にお邪魔しました。

817188_2100840104_25large.jpg

三崎口まで横浜から1時間弱、
駅から坂道を20分ほど歩いてわき道に入り
住宅地を抜け砂利道に入り山道を下ると
ほどなく水道施設が見え、右手に深い森の入口。
そこから木製の遊歩道が森奥へと整備されています。

817188_2100840101_8large.jpg

入るとすぐに左手のヤブカラシに複数種の蝶がぱたぱた
キアゲハ、モンキチョウ、アオスジアゲハ、あとオオスズメバチも。
まるでどこかの蝶園の様でした。

遊歩道を進むと、通常では入りこめない様な草木の生い茂った中へと入って行きます。
もともとけもの道があった様な場所を道にしたのではなく
生い茂っている中に遊歩道を作った感じ。
普通に森に入っても見られない様な景色が続きます。

817188_2100840093_164large.jpg

斜面を下りきると湿地帯について植生もだいぶ変わってきます。
アシナガバチやトンボ、キリギリスや街で見かけるバッタなども。
大きな鳥が木に舞いおりたり、遊歩道に哺乳類の糞があったり…。

817188_2100840091_17large.jpg

更に下ると草原になって、先に進むと突然砂浜が視界に広がります。
このダイナミックな景色の変化は面白いです。
さっと歩けば30分ほどで通り過ぎる距離ですが
何かを見つける度にじっくり観察して1時間半かけて山を下りました。

海が近付くと途端にカニの姿を見つけることが出来ます。
子どもはビーチサンダルに履き替え山遊びから急に海遊びへと転換しました。

817188_2100840088_171large.jpg

海は干潟になっていて
ちょうど干潮の時間だったのでいろいろな生き物を見つけながら遊ぶことが出来ました。
ここでも1時間ほど遊んで気づくと潮が満ちてきていて
靴の私は遊歩道にあやうく戻れなくなる所でした。

817188_2100840083_37large.jpg

再び散策路に戻り港に出てバス停に戻りました。
是非、季節を変えて一カ月おきにでも訪れたいと思いました。
通り過ぎるのではなく、面白そうな所でしばらく時間を過ごすのもいいかも。
新聞に掲載された割には人は少なく過ごしやすかったです。
もっともこの日は平日でお天気が雨交じりの予報。
幸い予報が外れ午後からは日差しの射す天気になりました。

次はいつ行こうかな。
posted by えかきさる at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

お魚捌き一年

魚を捌かせてから、およそ一年経ちました。
無理強いはしていないのでその間半年くらい触らなかった時期もあり、、
最近またやるようになりました。
少しは手順を覚えたみたいですが
包丁さばきはまだ、、ごしごし切っちゃたりするのでまだまだですが
もう少しで目を離してもひとりで出来そうな感じです。

魚は進化の過程でも脊椎動物の根っこの方にあるので
この体の仕組みからいろいろ覚えてくれると嬉しいな、と
生物の勉強のつもりでやってもらっています。
いsaki.jpg
本人、下ろした身よりも
残った頭と骨の方が興味シンシンでした。
posted by えかきさる at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

こども読み聞かせ本

寝る前の子ども読み聞かせ本。
昨日読み終わったのは「風の中のマリア」。
オオスズメバチの働き蜂が主人公のお話です。

アシナガバチは実に身近にいて
子どもも一緒に一年を通して巣を観察した事があります。
拾った巣を育てた事もあります。
(残念ながらあの蛹は成虫にはならなかった…)
キイロスズメバチは古い家の軒下でも見た事があります。
でもオオスズメバチの巣は、、地中にあるから見た事ない。
そんな普通の人は触れた事がない世界のお話でした。
蜂に対してはおそらくある程度理解があったので
うちの子供にとっては面白いお話しだったみたいです。
51BPbc9pJZL__SS500_.jpg

posted by えかきさる at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

6月の海遊び

今日は子どもの振替休日でした。
どこに行きたい?と聞くと海かプール、と。
プールは月曜で休みだったので海、いつもは館山に行くのですが
あいにくお天気が悪そうだったので知人がよく行くという
横須賀の立石公園に行ってみました。
向かってみれば一日お天気でめまいがするほどの暑さ。
午前は磯辺で生き物を見つけて、
午後は浜辺で遊びました。
何故か放し飼いのブルテリアが取りつかれた様に波と遊んでいました。

うちの子も入ったら「仲間が来た!」とばかりに近くに来て
何故か一緒に波遊び、、面白い光景でした
P6230930.jpg
posted by えかきさる at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

山か自転車か

P5170161.jpg

今週も山登る?って聞いたら「疲れるから、、」と拒否。
「自転車でどこか遠くの公園に行きたい」と言うので
10q離れた大池公園(こども自然公園)に行きました。
いつも遊んでくれるお友達に連絡したら来てくれる、と言うので
一緒に遊んでもらいました。

動物ふれあい、自転車、斜面の大遊具、池でザリガニ釣りと
青空の下存分に遊びました。
posted by えかきさる at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

大山登山with小学2年生

前日お風呂に入りながら子どもと「明日何しようか、」と話し
急遽大山へ登山に行く事にしました。
来週、再来週と用事があるので
ちょうど天気も良い様だし行くなら今日しかない、と。

去年一度行っているので
さほど時間を気にせず、電車もバスもひっきりなしに来ますからね。
9時前に家を出て登山口に10時半ころ着きました。
817188_2073138222_29large.jpg

もう新緑が目にまぶしくて空気がおいしく、これだけで来て良かった、と思えました。
行く前に、大山山頂のお天気を調べたのですが
風が強くて登山に適さず気温は6度、と出ていて
かなり心配でしたが全く当てにならず
防寒着は全て荷物と化し、半袖でも汗ばむほどの陽気でした。
(それでも用意は必要ですね)

前回と同じく迂回まったりコースで登山。

817188_2073138219_224large.jpg

崖際が多いので気は使いますが比較的ゆるやかなコースなので
のんびりと登れます。


817188_2073138217_132large.jpg

見晴らし台、絶景を見ながら早めの食事。
まだ4分の1ほどしか進んでいませんが…。

817188_2073138215_161large.jpg
山頂が近付くにつれガレ場が多くなり急になって、
去年は見晴らし台後、3回ほど休憩をしましたが
今年は一度の休憩のみ。
体力付いたのかな。



ようやく山頂、まっすぐ売店に向かい
大人はビール、子どもはかき氷で疲れを癒します。
山頂の風景を見ながら飲むビールは格別!
マラソン走った後と同じ味がしました。
ただ違うのは、、、
マラソンは飲んで終わりだけど
登山は下りもあるってこと…。

817188_2073138210_192large.jpg
下りはまっすぐコースで延々急なガレ場が続きます。
いつかこちらから登ってみたいな。

2度目の登山、前回は6月末にして頂上は長袖を羽織っても寒いくらいだったけど
今日はお天気が良くて日向が暑いくらい。
真夏になると暑くて登れないので
今の時期に行けて良かったです。
posted by えかきさる at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

まったりGW

ここ数年GWは親戚を訪ねて仙台方面へ行くことが多かったのですが
今年は連休が短いので、久々に何も予定を立てませんでした。

初日三日はいつも行く陣が下へトカゲ探しに。
トカゲを自分で飼ってみたい!と。
本当はヘビを飼いたいのですがヘビを飼うには入れ物もエサも用意が大変なので。

ところがまぁ、見つけても石垣の穴に隠れてしまい…

しばらく粘りましたが手に入れる事は出来ず。
この日は午後も探しに行って、
草むらで見つけて虫取り網で捕まえたのですが、、
カゴに入れる所で脱走、、トカゲちゃん九死に一生を得て野へ放たれました。
がっくし脱力の一日でした。

二日目はお友達と、よく行く土管の公園に。
起伏のある芝に土管と言う、連れていけば子どもはだれもが気に入る公園です。
817188_2072749986_233large.jpg
三日目は公園のプールに行って
その足で温泉施設へ。
見事に三日間、自宅から5km圏内で済ませました。
しかもお金のかからないところばかり。
温泉施設は数百円かかりましたね、
お金を払う所は人が集中して混雑しているという、、不思議な現象です。

最終日六日は子どもを連れて日本橋の三越に赴き
この秋で生産が終了する光岡自動車のオロチを見に行きました。
丹念に観察し続け、、30分近く見続けていました。

なんとも通常営業状態なGWでしたが
たまにはこんなのもいいかも。
posted by えかきさる at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

ウルトラQ

今回ライブペイントでウルトラQのカネゴンを描きました。

1月ほど前にあるきっかけで子どもと「カネゴンの繭」の話を見て
「戦わない」ウルトラシリーズと古い車がオンパレードのQに子どもがはまり
留まる事無くウルトラQ全28話を一か月ほどで見終えたのでした。

うちの子はどうも、男子に備え付けてある「戦う」因子が不足している様で
戦うお話がとにかく苦手です。
戦隊物や、仮面ライダーも見向きもしません。
見せてみたい「ガンダム」も、「戦うんでしょ」と断られました。
そこでウルトラQでした。
私も全話は見た事がありませんでした。
毎回丁寧な作りで、まんねりに陥る事のない話、
今で言うと「世にも奇妙な物語」風ですが
予算の掛け方が違うのか画面を見ているだけでも面白い作りになっています。

ですが世は大きな怪獣が戦う方に傾き
以降は怪獣と超人が戦うお話作りへと移っていきます。
「ウルトラマン」「ウルトラセブン」は私が最も好きなシリーズで
実はもうDVDを用意してあります。
ですが、、見る気はない様です。

ウルトラQで子どもが最も気に入った作品は、
「カネゴンの繭」、「育てよカメ!」「あけてくれ」の3本でした。
3本ともまったく戦闘のないお話でした。
posted by えかきさる at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

自転車でズーラシアへ

二日間曇り空が続いた後のお天気!
これはどこかへ出かけたいね、と春休み中の子供と話し
ズーラシアへ自転車で出かける事にしました。

先日の野毛の倍近く、
さりとて川崎の半分くらいの距離。
野毛は4q、ズーラシア8km、川崎14kmです。
高低差は野毛ほどないので楽かな、と出発しました。

途中買い物休憩も挟んで1時間くらい。
最後に坂がちょっと続いて疲労感。
817188_2060242328_98large.jpg

なかはさら〜〜っと見て回って

この日はホッキョクグマが大あたりでした。

いつもは同じ所を延々歩いているなわばり行動なのですが
この日は

817188_2060242124_171large.jpg

どこからか竹筒を持ってきて

817188_2060242120_145large.jpg

ぽいっ

817188_2060242119_86large.jpg



泳ぎながらじゃれて遊んでいました。


入園料600円+200円、
お昼はおにぎり持参で、途中で買った総菜が200円、
飲み物120円、園内で買ったアイス120×2で計1,360円。
自転車でお出かけ、お財布に優しいです。
posted by えかきさる at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

自転車で野毛山動物園

今日はお天気が良いので自転車で野毛まで行きました。
野毛は電車だと少し歩くし、
車だと駐車場が高いので
自転車がベストなのですが、
ようやく子どもと自転車で行けるようになりました。
今まで行っていた場所に比べてさほど遠いという印象もなく
これからは天気が良ければ自転車で動物園も選択肢に入りました。

817188_2058172977_105large.jpg

野毛の坂道を頑張って登りました。
子どもの自転車はギヤが軽いので
大人より速かったりします。

817188_2058172974_107large.jpg

最高齢ラクダのツガルさんは今日も元気&人気者でした。

P3211039.jpg

ふれあい動物園はお昼を挟んで二度、
計1時間半ほどいました。
私の頭の上にも…。

817188_2058172966_55large.jpg

普段頻繁に子どもと野毛に行っている気がしますが
殆どが取材の用がある時なので
今日は久々、無目的に園内全部を回る事が出来ました。
駐車料金も気にしなくて済むし
親としてはいいことづくめの自転車動物園でした。
posted by えかきさる at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

スケート

先日、8年ぶりくらいにスケートに行ってきました。

もともと2005年頃にスケートにはまり
冬のスポーツの個展も開催したりして相当滑りこんでいたのですが
子どもが出来てからは行く機会がなく8年。
先日自転車で東神奈川を通りかかった際に
「今度スケート行こう」と聞いたけど
滑るの怖いからいや、と。

ところが、その後に大雪があり
大きなグラウンドが一面凍結状態。

SA410492.jpg

ここで滑る楽しさを覚え、スケートにも行く気になったようです。

神奈川スケートリンクへ行き、初心者講習を受けると
それまで歩く事も困難だったのが
しっかりと刃で滑る事が出来るようになりました。
プロのレッスンってすごいですね〜。

さてリンク、かつて通っていたころとは様相が違いました。
以前はホッケーやスピードの選手が
軽やかに抜かしていったものですが
今はフィギュアの練習生であふれかえっていました。
みなさんとても上手で、リンク中央ではジャンプもばんばん決めていました。
(8年前に見ていた練習ではジャンプが綺麗に決まる方はあまり見なかったのですが)
滑走リンクでもフィギュアの方が沢山いてそこかしこで練習をしていました。
8年前と言うと荒川選手が金メダルを取るトリノの一年前。
あまりの変わり用に驚きました。

SA410543.jpg

なにはともあれ、子どもが行けるようになったので
春休みにでも通いたいと思います。
posted by えかきさる at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

ジャングル・ブックを探して1

子どもが寝る前に本を読み聞かせしています。
神保町にある児童書専門の古書店「みわ書房」で
手に取りページをめくり、子供に聞かせて理解できるか考えながら本を選んでいます。

その内、福音館古典シリーズが読みやすく、
ちょうど年齢的にもあっている様に思い多く手に取りました。
何冊かを経て手に取ったのが「ジャングル・ブック」です。

PC030119.jpg

近所の山野にもよく遊び行き、動物にも興味があり
面白がると思い選びました。

読んでみると子どもはもちろん、私も夢中になりました。
インドのジャングルが舞台で、動物たちの描写やジャングルの様子など
子どもだましな所がなく実態に非常に忠実に感じられます。
あとがきなどを見ると、原作者のJ.R.キップリングは
実際インドに住んでいた経験からこの物語を描き下ろしたそうです。

動物が主役の物語は多くありますが
どれも動物同士が不自然に関係し合ったり
草食獣と肉食獣が仲良かったりと
いかにも人間的な脚色を加えている印象でしたが
この物語ではお互いに距離を保ちながら共存している様子が描かれています。

しかものんびり屋の熊・バルーはインドに住むナマケグマ、
木から木へと移る灰色のサル「バンダー・ログ」はハヌマンラングール、
虎、ニシキヘビ、ドールなど
インドのジャングルに棲む動物がまんべんなく登場します。
作者はどれだけ、インドの動物に慣れ親しんだのでしょう。
もちろん物語自体はフィクションに満ち溢れて
動物同士で会話をしたりしますが
その種にしかわからない言葉を持っていたりと
動物に寄り添って考えた様な印象を受けます。

オオカミに育てられ、黒豹と相棒の様に生活をする人間の子「モーグリ」は
当然狩りもしてシカの肉を食らい、殺し合いも生まれます。
ディズニーで映画にもなっているこの話、
果たしてどこまで表現しているのだろう。
血を見せる様な場面は見せないよね、と
子どもと話しながら本を読み終えました。

そしてこのお話の映像を探し始めました。
posted by えかきさる at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

のどに魚の骨が刺さったら?

魚の骨がのどに刺さった時、、どうします?


昨日は鯵フライ、
子どもに内臓を取る所まで捌いてもらいすいすいお支度。
三枚に捌いて、内臓周りのあばら骨をそぎ取り、
面倒なので血合いにささっている小さな骨は取りません。

で、出来上がったフライを食べていて
子どもののどに骨が刺さりました。
結構痛いみたいで涙をこぼしています。

でも、、よほど深刻ならともかく、、
のどに刺さった骨なんて放っておけば取れる、、
なんて言っても本人は
唾を飲むたびに痛くてどうにかして〜〜、な状況。

まずは、、ご飯飲みますよね。
でも私は、、ご飯飲んで取れた記憶がありません。
で、やっぱ取れなかった。
飲み物を一気飲みするとか、、
取れない。

骨が三日間取れなかった事はないから、
いつか取れるよ。
と慰めてもにっちにもさっちも行かない様子。
仕方がないのでググってみました。

すると、、
「お酢を飲むと100%取れる」と言う民間療法を発見。
どうも中国由来のものらしいです。
で、飲ませました。
水で薄めず、強烈生酢。
ぐえぇ〜〜〜〜〜ってな顔して
でも痛みもあったようで

「いたいとれな〜〜い、、、、!!…取れた!」

え、まさか、、そんな簡単に?

でもまだ少しささっているみたいで、もう一口。
ぐえ〜〜〜〜。

「取れた。」


実に、いとも簡単にのどに刺さった骨が取れました。
ご飯丸呑みするとか、いろんな方法が流布されてますけど
お酢を飲むって、なんで浸透していないの?
広まっていれば日本全国でささったのどの骨が
するりと抜けられたのに。

大人になるとほぼ、のどに骨が刺さることないですよね。
それでももし、ささったらお試しくださいませ。
posted by えかきさる at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てパパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする