2017年05月09日

金沢動物園ピンチ!

それにしても金沢動物園に人がいない。
目の前でキリンも、サイもオカピも見られると言うのに。
IMGP7862.jpg

危機感を持ったのは今月の頭、
5月1日に金沢動物園へタンチョウを見に行き、
あくる日2日に野毛山動物園に行った時の事。
折しもGW中の平日、タンチョウ前には1時間半ほどいたのだけど
通りかかった家族連れは5組ほど。
GWとはいえ平日だから、さほど人がいないのかな、程度に思っていました。

ところがあくる日野毛山に行くと
人で溢れんばかりの様子。
ゆっくり撮影する事はあきらめて入り口のトキだけ見て帰りました。

なんでそんなに金沢動物園に人が来ないのか。
オカピだって手が届くほどの距離で見られるのに。
IMGP7863.jpg

キリンも象も同スペースで3頭飼育して
檻の邪魔なしに見られるのに。
IMGP7856.jpgIMGP7864.jpg


正直規模はズーラシアの1/3程度、
動物の種類も野毛山の半分。
しかも草食動物に特化しているので
虎とかライオンとか猫系皆無、危険生物は見られない。
草食系動物園は生き残れないのか?

IMGP7865.jpg
危険生物は鼻水を飛ばしてくる象くらい…。


金沢動物園の不振ぶりは横浜市でも問題になっている様で
抜本的な改革が出来なければ閉園もやむなし、と言うところまで来ているそうです。
もともとズーラシアのオープンに合わせて野毛山動物園を閉園する、と言う話しあったのに
野毛山は都市型動物園として無料の強みを活かし
10年(平成17年50万人→26年100万人)で来園者を倍増させ
平成24〜26年はズーラシアを超える入場者数を出している様子。
一方の金沢動物園は年間入場者数は30万人でほぼ横ばい。
市民の余暇提供の費用対効果としては大変存在が危ぶまれている訳です。
参考資料 平成27年度 横浜市包括外部監査の結果に関する報告書
P168-p215

この金沢動物園は付近の豊富な自然を利用して
植物園とこどもの遊び場と含めて一つの公園になっています。
もっと全体を通してのアピールを増やしたらいいのではないだろうか。
植物園も、貴重な環境が残っているにしても
訪れる人は相当にまばらだと思うし。

幾ら規模を縮小しても
動物園の形態を維持して行くだけで億単位の経費がかかるのは必至なので
この地域のコンテンツを売りだす方法を考えてはどうだろうか。

そしてアクセスに関しては電車からの来園者は限らるので
高速からの相性の良さを前面に出して
横浜市内の高速道路施設に重点的に広告を展開するとか。

打つ手なくこのまま閉園へ向かうのが得策だとは
今の段階では思えないです。
ラベル:動物園
posted by えかきさる at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

ズーラシア〜象

突然ですが、ズーラシアについてブログで書いて行こうと思い立ちました。

今年の干支は申年で
昨年はズーラシアに猿を見に随分と通いました。
折しもサバンナ区が新たに公開となり半年の間に7~8回行きました。
それでも年間パスポートを購入していなかったのですが
(入場料800円で年パスは2000円)

とうとう、先日訪れた際に購入しました。

何度も何度も通っていると
その日しか見られない事や
いつ行ってもたいてい見られる事など
様々な事に気がつかされます。
そのひとつひとつをここに記しておこう、と思いました。

まず最初は
入ってすぐに現れる象です。

象は比較的飼育しやすいのか、多くの動物園で見られると思います。
その中でもズーラシアは象の観察では相当いい環境だと思っています、
ここの象さん、どうも、ひょうきんです。
人が見ていると何かしら動きを加えてくれるような、気がします。
P5270551.jpg
ズーラシア、広いですよね。
その最初であまり時間をかけては先が思いやられる、と
感じるかもしれません。
ですが

ここはズーラシア内でも必ず満足頂けるスポットなんです。
他の動物達は日によっては見にくい時もあるのですが
象さんだけは、いつ行っても楽しませてくれるのです。
距離も、背景も申し分ない。

先が長いから、と言って「次行こう」と思わずに
まずはここがメインだと思って
思う存分時間を過ごして頂きたいな、と思います。

ズーラシア、日によって全く動かな動物もいますし
その日だけ、活発に動く動物もいます。
楽しめる所はとことん楽しむ、
見どころがないかな、と思ったら早めに移動する。
それがズーラシアを楽しむコツだと思います。
その日見られなかった動物も
次来た時にはタイミングが合うかもしれませんし。

象さん、11時には飼育員さんのお話が楽しめます。
P6250945.jpg
夏場は放水に戯れる象さんも楽しめます。
そしたら30分は貼りついちゃいますよ。
posted by えかきさる at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

自転車でズーラシアへ

二日間曇り空が続いた後のお天気!
これはどこかへ出かけたいね、と春休み中の子供と話し
ズーラシアへ自転車で出かける事にしました。

先日の野毛の倍近く、
さりとて川崎の半分くらいの距離。
野毛は4q、ズーラシア8km、川崎14kmです。
高低差は野毛ほどないので楽かな、と出発しました。

途中買い物休憩も挟んで1時間くらい。
最後に坂がちょっと続いて疲労感。
817188_2060242328_98large.jpg

なかはさら〜〜っと見て回って

この日はホッキョクグマが大あたりでした。

いつもは同じ所を延々歩いているなわばり行動なのですが
この日は

817188_2060242124_171large.jpg

どこからか竹筒を持ってきて

817188_2060242120_145large.jpg

ぽいっ

817188_2060242119_86large.jpg



泳ぎながらじゃれて遊んでいました。


入園料600円+200円、
お昼はおにぎり持参で、途中で買った総菜が200円、
飲み物120円、園内で買ったアイス120×2で計1,360円。
自転車でお出かけ、お財布に優しいです。
posted by えかきさる at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

自転車で野毛山動物園

今日はお天気が良いので自転車で野毛まで行きました。
野毛は電車だと少し歩くし、
車だと駐車場が高いので
自転車がベストなのですが、
ようやく子どもと自転車で行けるようになりました。
今まで行っていた場所に比べてさほど遠いという印象もなく
これからは天気が良ければ自転車で動物園も選択肢に入りました。

817188_2058172977_105large.jpg

野毛の坂道を頑張って登りました。
子どもの自転車はギヤが軽いので
大人より速かったりします。

817188_2058172974_107large.jpg

最高齢ラクダのツガルさんは今日も元気&人気者でした。

P3211039.jpg

ふれあい動物園はお昼を挟んで二度、
計1時間半ほどいました。
私の頭の上にも…。

817188_2058172966_55large.jpg

普段頻繁に子どもと野毛に行っている気がしますが
殆どが取材の用がある時なので
今日は久々、無目的に園内全部を回る事が出来ました。
駐車料金も気にしなくて済むし
親としてはいいことづくめの自転車動物園でした。
posted by えかきさる at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

横浜市金沢動物園

羊を見に横浜市金沢区にある金沢動物園に行ってきました。

横浜にはズーラシア、野毛山動物園とありますが
それぞれに個性のある動物園だと思っています。
金沢区は自然の豊かな場所で、海も山も風光明美とはこのこと、
とても気持ちの良い場所です。
金沢動物園はその山に作られた大きな自然公園で
山谷を利用して作られた植物園や、子供向けの遊具施設と一緒に動物園があります。

動物園へは切符売場からトンネルを抜けて山向こうへ行くのですが
そのトンネルが、子ども曰く「奇妙」
P2010088.jpg
様々な動物の人形で彩られているのですが
可愛くもあり、宇宙人のようにアレンジしてある様な、、怖くもあり…
そもそもトンネルってちょっと暗くて子どもにとっては怖いですからね。
抜ければ他と変わらない、動物園の世界が広がっています。

動物園は、順路通りに一周するのが
通常のまわり方だと思いますが
どうしても「全部周らなければ」と思っていると
一か所であまり時間を使いづらくなったり
後半は足が疲れて仕方なくショートカットしたり
どうも消化不良に終わりがちな気がします。
数年に一度しか訪れないのであれば
全部見たい!と思いますが
頻繁に行っていれば「今日はここを中心に」と決められるので
むしろ満足感が強いです。

今日は来年の干支・羊を中心に、
園滞在時間4時間中3時間をひつじ・やぎゾーンで過ごしました。
野生羊のオオツノヒツジ。
P.jpg
大角、と言ってもイランなどに生息するアジアムフロンと角の大きさはさほど変わりません。
アメリカ大陸に生息する野生羊だけ、何故か「BIG HORN」の称号を与えられています。

そしてほのぼの園の羊とヤギ、
放し飼いにして動物と同じエリアに入れる所もありますが
明らかに動物たちが迷惑そうなしぐさをして
延々追いまわされるよりは
見やすい柵で触れる方がいいかもしれません。

この日は11:30〜と13:30〜の二回、
エサやりの時間がありました。
13:30からは別に囲みの柵を作り、ニワトリやヒツジを更に近くで観察できる
「ワクワクファーム」と言う取り組みもありました。
P2010171.jpg
残念ながら1,2月だけの催しの様ですが
来場者の少ない時期だからこそ出来る事なのかもしれません。
人があまり多すぎると混乱してしまいそうなサービスです。
P2010173.jpg
こどもはヤギにほれ込んでおりました。
結局この日はほのぼの園を中心に動物園の1/3ほどしか周りませんでした。
動物園のフルコースならぬ、一品料理も充分満足できます。
posted by えかきさる at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする