2014年10月24日

フィルムカメラ2

10731081_787687781277412_9050411452208407905_n.jpg

フィルム、現像してきました。
現像代600円、プリント代がはがきサイズ40円で24枚960円、
消費税込み1680円でした。
デジカメなら画面で見るだけなら金額かかりませんからね。
紙に焼いても10円程度だし。
はるかに金額のかかる行為です。

で、写真は違うか、と言うと、
…違いますね〜。
レンズが大きいからなのか(1:1.4 50mm)、
それともフィルムの性能なのか、
色の深さが違います。
ボケ方にも特徴があります。
視力がなくても勘で何が見えているか分かる様な、
ボケていても光の強さに応じて何かが反応している見え方をしているように思えます。
それ故か、画面の隅々まで目が行きます。
実際に目にした風景により近い気がします。

心配していた絞りやスピードもなんとか適正でした(^^;
以前は受け取ると待ちきれなくて
帰る道すがら写真を取り出しにやにやしていたのを思い出しました。
また機会があったらフィルムで遊んでみようと思います。
posted by えかきさる at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

フィルムカメラ

持っているデジカメのレンズが二つとも調子が悪く
修理に出しました。
そんな折り、知人と出かける用事があり久しぶりにフィルムカメラを取りだして使いました。
使うのは2〜3年ぶりでしょうか。

1507725_785775721468618_376087446243027040_n (1).jpg

70年代のアナログカメラですから、
昨今のデジカメとのギャップたるや相当なものがありました。
まず、、24枚撮らないと現像出来ない。
これ当たり前の感覚でしたが久々に思い出しました。
まだ15枚くらいしか撮影していないので早めに消化しなくては。
あと、レンズがズームなしのノーマルなので
人間が動かないとフレームを変更できない。
これはレンズの問題ですが、、いつもは随分楽をしていたなぁ、と。
ピント自体はデジカメでも手動で合わすことが多かったのですが
絞りはお任せだったので
被写体に合わせて絞りを変更するのが結構手間。
以前は明るさでスピードと絞りと感覚が合ったのですが
果たして撮れているかどうか。。。
真っ白だったり真っ暗だったり、、初期のカメラ小僧状態の写真が撮れるのではないか、と少し不安です。

デジカメの写真とフィルムの写真はやはり
完全に別物ですね。
フィルムの会心の一枚は
デジカメの一枚と比べようもありません。
ですがデジタルで画像を扱う事が多い時代にその価値は
もう殆ど目に見えなくなってきています。
カメラの重さは、初めは愕然としましたが
不思議とすぐに慣れ持つと不思議な安心感があり
かばんに入れれば重さは感じませんでした。

フィルムでの撮影は工芸品の様な感覚が生まれてきますね。
それにしてもデジカメの恩恵はそれを超えてなお
写真の分野を広げたと思います。
誰でも気軽に、そして正確に撮れる今では
周囲にカメラが満ち溢れている印象です。
イラスト資料に使う上でもフィルムでは比較になりません。

とは言えフィルムカメラの撮り方を知っている以上は
「フィルム写真」を残していきたいな、とも思います。
posted by えかきさる at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

上野、根津展示散歩

今日はお休みにして(普段からお休みみたいなものですが…)
上野に展示を見に行きました。

一つ目はボストン美術館所蔵の葛飾北斎展。
浮世絵の風景画がメインですが
人物描写、肉筆画にとっても興味があり見て来ました。
おそらく江戸の人を誰より観察して
誰よりも多く線にした方だと思います。
様々な参考にしたいと思います。

お昼はデリーのカシミールカレーを頂きました。
11:50開店で40分頃伺ったのですが既に7人の列。
お店に入ると7人ともカシミールカレーで私の次の方だけ違うオーダーでした。
その結果、、
おそらく7人分作って最後の私に残りを、、
いつもより量が多かったです。
普段ならご飯と一緒になくなるのに
食べ終わった後でももう一膳頂けるくらいのルーが。
10410399_781479998564857_3360437787719075475_n.jpg
…飲みました。
…辛かった。
カシミールカレーは特に辛くて、それでいておいしいのです。

カレーの後は根津まで歩いて弥生美術館に行きました。
数々のプラモデルのパッケージや
80年代アニメのリアルイラストを手掛けられた
高荷義之さんの展示があるのを
つい前日に知りました。
10628507_781521875227336_7434796805090074041_n.jpg
中でも映画「ザブングル・グラフィティ」のパンフレットのイラストがあり、、
長年見慣れた作品の原画、存在感ありましたね〜。
高荷さんは「風の谷のナウシカ」もポスターー、パンフレットの表紙画も担当されています。
作品にかける思いやこだわりを見習いたいと思います。
posted by えかきさる at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

夏休みの旅行

夏休みに東松島、那須、白河へ旅行に行きました。
ざっくりと写真で紹介したいと思います。

IMGP0300.jpg

田んぼでカエル取り

IMGP0370.jpg

水たまり

IMGP0419.jpg

阿武隈川源流

IMGP0468.jpg

バイク

IMGP0489.jpg

野菜の収穫

IMGP0478.jpg

カエル

IMGP0544.jpg

野菜の収穫

IMGP0550.jpg

カエル

IMGP0525.jpg

朝もやの散歩

IMGP0529.jpg

蜘蛛の巣

IMGP0551.jpg

カエル

…だいたいカエルだった様です。

posted by えかきさる at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

夜中に隣の部屋で…

夜中に目が覚めて
隣の部屋で何やら不審な音が、、、
ぎしぎし、、ぎしぎし、、

10457467_749467835099407_9119349172289624610_o.jpg

こ、交尾中でござる!

オス一人ではさびしかろう、と
金曜日に捕獲に行ってメスを捕まえたのでした。
それ以来、昆虫ゼリーが毎晩すっからかんになる食欲。
カブトムシの交尾って、こんな音するんですね〜。
これは土を増量して産卵に備えなくては!
posted by えかきさる at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

積み重ねた絵

「つみきの家」と言う短編映画があります。
徐々に水没する場所で家を積み重ねて住んでいるご主人が
ふとした事で下の階に落し物を拾いに行き
積み重ねてきた人生を振り返るお話です。

先日ちょっとした問い合わせがあり
9年近く前の絵を探す事になりました。
2008年に引っ越しをした際に古い絵は大きさごとに分けて
段ボールに入れて保管してありました。
そして滅多なことではそれは開かれる事はなかったのです。
今回その箱を引っ越し以来初めて開けてみました。

CIMG0003.jpg

およそ2004年ころから2008年までの作品が詰まっています。
箱の下の方へ行くにつれて年代が古くなり
集中して相撲の絵ばかり描いていた頃、
サッカーの絵ばかり描いていた頃、
棒高跳びの絵ばかり描いていた頃、と次々に発掘されました。
その間に書かせていただいたお仕事の絵も次々と出てきて
すっかり忘れてしまった様な絵も沢山あり
すっかり「つみきの家」のご主人と同じような心境になりました。

一番古い辺りに来ると、
まだタッチも荒々しく今の筆遣いとはかけ離れた絵が沢山出て来ました。
当時はそれでも細かく正確に描けない事を逆にとり
勢いだけを優先して描いていた時もありました。
どのような技術を使おうと、作品を完成させる気持ちが重要で
今このタッチで描けるか、と言うと難しいと思います。

まだ自分の筆でどの様な事が出来るか全く分からなかったころであり
頂く仕事全てが経験のない絵ばかりでした。
何が出来るかわからないからこそ無駄も多く描く枚数も今よりはるかに多かった気がします。
今は随分計算できるようになり、
使う紙の種類もめっきり少なくなりました。

無事作品は見つかって、また箱にすべて仕舞い
現在に戻ったのですが
この過程があって、今があるんだなぁ、と
普段思わないことを感じました。

また10年経って、今の作品を見たときに
「これは今では描けないな」と思える作品を
描ける様に臨みたいと思います。
posted by えかきさる at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

こんな所に蜂の巣が…

洗濯物を干していたらベランダ外側に何か動くものが…
アシナガバチのハチの巣でした。
家の周りでよく見ていたので、どこか近くにあるんだろうな、と子どもと話していました。
使い終わった巣はいくつかあるんだけど今年使っている巣は見つけられなくて。
今までは小さくて気づかなかったんだな。
P70809422.jpg

スズメバチに比べるとほんとに可愛い。
今の段階でここまで育っていたら
秋には巨大に巣になるだろうか。
近づいてカメラ向けていたら
皆に注目されたので引きました(^^;
posted by えかきさる at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

2014年06月20日

陣が下で撮影

少し前の事になりますが、
よくお散歩に行く陣が下渓谷で、ちらしの撮影をしました。
セツ・モード・セミナーに通っていた頃の友人、杉山早織さんが
ボーカリストとして明日21日にソロ公演をされるのです。

以前はよく舞台写真なんか撮っていた私…
抜群のタイミングで彼女に連絡を取ってしまったみたいで
懐かしいご依頼を頂きました。
どこか自然の多いロケーションない?と聞かれ
それなら勝手知ったる陣が下しかない、と近所まで来てもらいました。

2P5011869.jpg

いろんな道具を運んで準備の陣が下。
しょっちゅう遊びには来ていますが
こんな使い方するのは初めてです。

2P5012078.jpg
川に入って足で布を押さえてしかも歌う、
中々モデルもやる事が多いです。
様々な角度、距離を変えたりと沢山撮りました。
出来上がったチラシはこちらから


二人とも足元の悪い中場所変えポーズ変え、
なんとか転ばずに済みました。
普段と違う陣が下の使い方が出来て、ちょっと嬉しい一日でした。
posted by えかきさる at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

日産車フェアin本牧

ウルトラQで主人公が乗っていた「プリンス スカイラインスポーツ」が
車輛展示されると言うので
本牧の日産フェアに行ってきました。

P6010711.jpg

トミカを無料で頂いて、パトカーのサイレンを鳴らし
白バイにまたがりGT-R,フェアレディZ細部点検、フォークリフト、ちょいもび乗りこみ
車好きのうちの子には大満足なイベントでした。
posted by えかきさる at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

今日も、公園でコーヒー。

SA410722.jpgでも日差し強いな。
posted by えかきさる at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

ホタル準備

ホタルの季節です。
昼間の気温が27度を超え、蒸し暑く感じられる頃、
ホタルが飛び始めます。
…が、先ほど下見に行きましたがまだ一匹も飛翔せず。
去年は6月4日にぼちぼち飛び始め
6月8日にお友達とみんなで見学に行きました。
去年と比べると今年の方が気温は高いのですがまだ時期が早いのかな、、。
それとも4日なればやっぱり出てくるのでしょうか?

10258901_721168331262691_9175507948528222778_o.jpg

posted by えかきさる at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

福島菜の花

先週末、福島へ行ってきました。

2年前に座間から引っ越して
菜種油の事業を始めると言う知人から
油ボトルのラベルを描いてほしい、と連絡があったのです。

近所の菜の花を少し描いてみましたが
せっかくなら知人の育てている菜の花を見てみたい、と
直接伺う事にしました。

817188_2067187108_70large.jpg

こちらにいた時も、向こうに行ってからも何度か子どもと一緒に遊びましたが
自然回帰的な暮らしをしているそこのお家の子供たちと
うちの子の相性がとても良いのです。

817188_2067187107_110large.jpg

福島はちょうど今が桜の季節。
黄色い菜の花畑でさんざん遊びまわっている脇で
絵の道具を広げて描き続けました。


やっぱり近所の、花を愛でる菜の花や
食用の菜花とは花の様子も違って
直接見に行って良かったです。

子どもも

817188_2067187104_171large.jpg

秘密基地を作ったり、

817188_2067187102_224large.jpg

手押し一輪車で遊んだり

土の上で飽きることなくいつまでも遊び続けていました。

かっちょいいラベルを描いて、また遊びに行こう!
posted by えかきさる at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

サッカーボール

10151244_690365691009622_497104142_n.jpg
最近体育でボール蹴りをやったらしいので
子どもにサッカーボールを買いました。
合皮、機械縫いで900円。

私が小学生のころ、800円でゴム製のサッカーボールを買った事があって
嬉しくて一日蹴っていたら
植木にささってその日でだめになってしまった事がありました。
なけなしのお小遣いで買ったボールなので、
悔しくてしばらく泣きました。

その次は1500円くらいで
接着の合皮ボールを買いました。
しばらくそれを使っていた。
サッカー部に入り、学校では皮のボールをけっていたけど
家では接着のボール。

大人になってから、機械縫いの合皮のボールをようやく買いました。
10年以上たって、空気が抜ける様になっちゃった。

それが今では900円で皮縫いのボールを
最初に買えるんだから便利な時代だなぁ、と。
posted by えかきさる at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

雪中行軍

少し前の話になりますが、、2月に雪が降った時の事。

2月8日に降った雪は実にサラサラで粉雪の様。
昨年も積もりましたが気温の高いぼた雪で陣が下渓谷へ行っても
渓谷の下までは積もっていませんでした。
この雪なら積もっているかも、とお昼頃に目指して出かけました。

ところが、、
渓谷へ行くには大きな坂を越えなければならず
普段は車や自転車で向かうのですが使えません。
バスも、、走って入る様ですがいつ来るか、
あるいはもう止まってしまったかわかりません。

仕方がなく、昨年雪で車もバスも使えなかった時に
渓谷近くの保育園に行った時と同じように
歩いて行く事にしました。

817188_2046987950_101large.jpg

隣駅まで電車で出て
そこから徒歩30分ほどで浄水場に到着。
夏の間はこの噴水プールに毎日通いました。
雪が降っても噴水を止めないのはさすが浄水場。
夏とは打って変わった景色です。

817188_2046987949_85large.jpg

吹雪の中更に30分歩きます。
昼過ぎから風が強くなり吹雪いてきました。


817188_2046987946_227large.jpg

上から見た渓谷。
横浜市とは思えない、どこかの雪国の様な風景。

817188_2046987945_72large.jpg

雪の中山道を降りて行きます。

817188_2046987943_147large.jpg

渓谷に到着、見事な雪景色。
昨年の雪の時は湿った雪で渓谷の中までは雪が積もりませんでした。
殆どが木に積もり木がたくさん折れました。
今回の雪はさらさらで静かに川面に積もっている様子です。


817188_2046987941_99large.jpg

陣が下でいつも写真を取る場所です。
珍しい景色。
完全に雪国の景色です。

帰りは近くの国道まで30分歩いてバスで帰りました。
雪遊びと言うよりは、、雪中行軍。
かなりタフなお散歩でした。
posted by えかきさる at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

クイーン・エリザベス号

船に詳しい知人が
「ちょうどランドマークタワーを横倒しにいた大きさ」
と言うので見てみたくなり
明日にでも図書館ついでに寄ろうかと思っていたら
今晩もう出港しちゃうと聞いて
夜な夜な自転車走らせてみてきちゃいました。

子どもが寝たのが22時20分、
23時半にベイブリッジを通過すると聞いたので間に合うかな〜と
思ったら出港は23時ちょうどらしく
慌ただしく支度をして自転車を走らせました。

みなとみらいの観覧車で見た時刻が22時45分。
15分で着きました。
赤レンガ倉庫脇に自転車を止めて
その巨大な雄姿を目にしました。

817188_2057331082_52large.jpg

本当はどこに停泊しているかも知らなかったんだけど、、
大桟橋だよね。
行けば見えると思った。
行ったら見えました。
まるで一軒のホテルが新築された様な存在感。

しばらくすると汽笛が鳴り出港。
でかいだけあって、、動いてるか動いていないかわからない位遅い。

赤レンガ倉庫からだとベイブリッジを通る所がよく見えないので
もっと良く見える場所に移ろう、と再び自転車にまたがりました。

山下公園へ行くと、こちらにもわんさか人がいました。
ここからも、埠頭が邪魔になってベイブリッジが見えにくい。
それならば、と新石川の方まで行って場所を探しました。

確かこの辺から良く見えるはず、、と自転車を止めて埠頭に出ると、、
ばっちし。
ほどなくして船が見え始めました。



817188_2057331080_36large.jpg

ベイブリッジの高さよりもクイーン・エリザベス号の方がでかいので
干潮時を狙って23時に入港&出港したそうです。

通貨の瞬間は動画で撮影しました。
(facebook上でUPしてあります)
個人的には金環食以来の感動、、
いいもの見た!

後で知人と合流して感動を分かち合い、、
気をつけてまた自転車で帰りました。
深夜の自転車、25%増しで危険もいっぱいでした。

posted by えかきさる at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

バートックギャラリー・うしうし展

銀座のバートックギャラリーで「うしうし展」が始まりましたので
見に行ってきました。
1654072_671981436181381_17005452_n.jpg
元は2008年、09年に私が企画した「牛展」を
バートックさんが引き継いで企画されたものです。
私が企画していないのに牛の作品がたくさん並んでるって、
不思議と言うか楽と言うか(^^;
牛の作品に囲まれていると得も言われぬ幸福感を感じますね〜。
牛の作品に囲まれて、やっぱ牛展おもしろいなぁ〜、と。
もっと他でもやってくれないかな、とか思っちゃいました。
犬や猫は絵の題材としてよくあるけど、牛の作品でギャラリーを埋め尽くすのって
日常にはない空間が出来ていると思います。

別企画の「牛展3」も検討中で来年(2015年)に行う予定です。

ちょっと牛に浸りたい方、どうぞバートックギャラリーへ。
来週の月曜日まで、土曜日にパーティーがあります。
日曜休み。
posted by えかきさる at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

なぜその虫は嫌われるのか

寒さが続く日々に
仕舞っておいた暖房器具をごそごそと取り出しています。
そして昨日は今のホットカーペットを出しました。
上に敷くラグマットを広げると、、コロンと茶色い物体。
…ゴキブリでした。
ただ、もう死んでおりました。

それでも家人は悲鳴を上げ、
精いっぱいのいやな顔をし。

私は年々ゴキブリへの嫌悪感が少なくなり、
ティッシュでそっとつまみ上げ
子どもと一緒に観察。

ゴキブリも虫ですよね。
外に沢山いる、子どもたちの人気の
虫です。
それなのになぜこんなに嫌われるのか。
衛生的でない、と言うけれど
それを言ったら蝿だってよほど衛生的でない。
だけど人は蝿の姿にそこまでの嫌悪感はないと思います。

ゴキブリへの嫌悪感は日本だけでなく
欧州でも嫌われている虫の様です(クリープショーで出て来ましたね)。
なぜ人はゴキブリが嫌いなのでしょうか?

ここで思い出したのが、
恐怖の遺伝子。
怖い思いをすると、その体験が遺伝する、と言う物。
去年発見されました。
これによって、高所恐怖症や閉所恐怖症は簡単に説明が出来る訳です。
つまり、、もしかしたらゴキブリも
太古の時代に人間が恐ろしい目にあった事があるとか…。
その「恐ろしい目」は想像したくないけど、
その体験ゆえに人はゴキブリの姿かたちを見ただけで
恐怖心を覚えるんじゃないかな〜、なんて。


嫌悪感なくとも一緒に暮らすのはご免こうむりたいので
見つけたら確実に殺す様にしていますけどね。
posted by えかきさる at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

乳歯

乳歯っていつ抜けましたか?
私はすんごく遅くて小3位で抜け出した記憶があります。
いつかは抜けるから、と言われ悠然と構えてはいましたが
あまりの遅さに呆れた物です。
で、その息子も抜けるのが遅いのです。

しかも、抜ける前に永久歯が生えてきて、、
どうなったかと言うと
前後二重に歯が生えて、まるでサメの牙みたいになっていました。
一度歯医者に見せたら
「通常の生え方なので気にしないで、乳歯と永久歯が同じくらいの大きさになっても抜けなかったら来てください」と。
そっか、これでいいのか、
と安心したのもつかの間。
その後も全く抜ける気配なくどんどん伸びる永久歯。

年も明けたので一度見てもらおう、と今日歯医者に行ってみました。
今日抜く事はないよ、と言い聞かせて
見てもらって診察や処置が必要なら予約を取ろう、と。
ところが運悪く、、空いてたんですね〜。
完全予約制なのに見てもらったら、抜きましょう、と。
油断させておいて不意打ちを食らわす結果に。

通常永久歯が下から突き上げてくると
乳歯の根っこが永久歯に吸収されて(?)溶けていくそうです。
それで根っこがなくなりぐらぐらするのだと。
ずっぽりと抜いてもらい、見せてもらったら
少しぐらついていて片方は根っこが溶けているけど
もう片方はなんが〜〜い根っこが立派に残ったまま…。
放っておいたらいつまで生えていたんだろうか。

取りあえずまだ麻酔が効いているけど
この後痛みは増してきそう…水曜日は水泳のひですがお休みにしました。
「うそつき、、」と恨めしそうな視線に
町内のおもちゃ屋さんでトミカを買うはめに。。。
ちょっと痛悲しい初めての抜歯でした。
posted by えかきさる at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

ジャングル・ブックを探して4

ジャングルブックの原作本に魅せられ
楽しみにして見たディズニー版アニメは
原作をまったく無視した内容の作品でした。

原作を読んだ時の楽しさをなんとか映像で味わいたい、と
他の作品を探してみました。
実写での映画も何本かあるようですが
日本でもTVアニメを制作している事がわかりました。
ただ、、全く聞いた事がありません。

AMAZONで調べてみると、DVD-BOXが上下に分かれて発売されていました。
その上巻、定価で27000円するものですが、、
なんと中古価格が300円を切っています。
何かの間違いか、実はBOXでなく一巻だけの価格とか…
ではないようです。
いったいどれだけ人気がないのでしょう。

PC170216.jpg

購入して、現在10話ほど観賞しました。
原作にある、ジャングルの掟に沿って生き抜くモウグリの姿が
生き生きと描かれています。
日本アニメ的な脚色は見受けられますが
オオカミは狩りをし、他の動物と時には敵対したり会話をしたりする様子は
原作のエッセンスを十分に生かした作品と言えると思います。

ディズニーの作品は原作からは離れてしまいましたが、
動物たちを生き生きとミュージカルの世界に連れ出すことには成功しています。
この作品は「バンビ」から続く、野生動物を描き出すバイブルとなり
「ライオンキング」へと受け継がれています。

原作者キップリングが描き出したこの世界を
どう映像化するか、どうすれば楽しいものが作れるか
本当に難しい作品だと思います。
そして、この「ジャングルブック」は
ディズニーでも、他の映画会社でも、新たに映画化の動きがあるようです。
果たして原作を踏まえた内容になるのか
あるいはエッセンスだけ抽出して全く新しい作品になるのか
(正直原作に忠実に作られる見込みは薄いと思います)
どのような映像作品になるのか今から楽しみにしたいと思います。
ジャングルブックを探す旅は、まだこれからも続けられそうです。
posted by えかきさる at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする