2007年06月11日

一年前のこの日

6月9日と言う日

一年前のこの日、何があったか覚えていますか?
そうです、ドイツワールドカップが開幕した日です。
あの、失望の日からoTL一年が経ったのですねぇ。
いやまだ9日は希望に満ちあふれていました。
サッカーの絵も沢山描いていました。
取りあえず、7/7に開幕するアジア杯でオシムさんのチームを吟味したいですね。

まぁ、それだけなら忘れても一向に構いません。
去年の6月9日、それは
私が5年間愛用した携帯が急逝した日なのです。
460853984_136.jpg
遺体は生前のまま、今も手許に安置してあります。
今も、いつか来る(?)復活の日を待ち
たま〜に充電器に置いては電源を入れてみています。
この中には、この一年間連絡の取れなかった知人のアドレスが
たんまりと入っているのです。アーメン。

そしてまた、今使っている携帯の誕生日でもあります。
死と誕生が同時に行われているのです。
この一年で撮影した写真は1500枚を越えました。
こんなに写真を撮る人生になるとは思っても見ませんでした。

一年前、先代が急逝した直後にメールを送ってくれた人を皮切りに
この一年間でメールを頂いた順に、アドレスが登録されています。
今日までに87名の方から連絡を頂きました。
一年間の労をねぎらって、昨日は一日電源を切ってお休みにしました。
なかなか新鮮な一日でしたよ(笑)
posted by えかきさる at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 物を大切に♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

カバンを直す

会ったことのある方なら見たことがあるかも知れません。
いつも持ち歩いている黒い皮のリュック。
bag1.jpg
94年にニューヨークを訪れた際に購入した物なんです。
SOHOの小さいお店、アーティストが一部屋借りてそれぞれの作品で開いているお店。
その中の一つ、インディアンの扮装をした男性と白人女性のお店
全て革製品のお店でした。
その中のリュックを気に入って購入。$180だったと思う。
サブポケットがチャックの物を選んだら「チャックから壊れちゃうよ」と言われた。
でも、サブポケットまでベルト式じゃ開け閉めが大変だし…
しかして12年経って彼女の言葉は本当になりました。

今年に入った頃から気付くと閉めたチャックが開くようになり
今では殆ど閉じられない状態に。
物はまだまだ使えそうなのにチャックだけが…
修理に出せば直るかも知れない
でもポケットを分解しないと直らないような、
何せ厚手の皮の上、中に入り組んだ場所なので専門のミシンも使えるかどうか
それ以上に毎日使っているので修理に出す時間がない。

それでは、と
自分で直してみましょう。
実はこのカバン、修繕するのは初めてでなく
以前肩ひもを強化するために皮専用の縫い針も買ってある。
bag6.jpg
そんな訳で新しくチャックと指ぬき、リッパー(縫い目ほぐし)を買ってきて大手術に及びました。
まぁ、マチ針を差すだけで血だらけになりましたとも。
だって固いんだもん。
bag3.jpg
裁縫、、と言っても基本的には小学校で習った縫い方しか知らないので
ひたすら「本縫い」で行ったり来たり、糸は2本取りで縫っています。

できるだけ元の縫い目のまま丁寧に縫って
最後、入り込んだ部分は相当苦労しましたが
なんとか!!全て縫い終わることが出来ました。
bag7.jpg
チャック、取り付けられました。
後、端の部分などはもっと強化する必要はあると思いますが
取りあえず当初の目的は達成しました。

更に、取れかかっていた肩ひも部分を修繕、
bag9.jpg
切れかかっている口のヒモもこの後ユザワヤに材料を買いに行って直すつもりです。
本当なら、大手術に至る前に少しずつ手をかけていればよかったのですよね。
普段の使い方も乱暴でしたし。
一度命が途切れそうになって改めて、物の大切さを感じられたと思います。
posted by えかきさる at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 物を大切に♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

享年4年6ヶ月

携帯を変えました。
5年ぶりに。

まぁ、購入以来落としまくってた私の携帯は
去年の暮れ頃からシェルが割れて裂けて中身が見える状態に。
今年に入るとたびたび仮死状態に入り、一晩してから不意に電源が戻ったり。

3月にはとうとう上部シェルが取れてしまい、中の掃除が可能に。
結構埃たまってるもんですね〜。
6月、内部基盤落下。それでも何故が着いている電源。おかしいよ、キミ。
そして6月9日、正にワールドカップ開幕の日に再び内部基盤落下。
即座に電源が落ち、その後再び息を戻すことはなかった。
SA410001.jpg
じゃあ、修理に出して意地でもこの機種を使うか。
とまでは変人ではなく、仕方なく(←変人だって)機種変に出向きました。
悩みに悩んだ挙げ句大枚叩いて新しいの買いました。
ちなみに私、H”ユーザー、、もとい、WILLCOMユーザーです。

まーこの5年の進化と言ったら驚くばかりですわ。
以前の機種はかろうじて液晶がカラーになったばかり、
当時では珍しいSDカードが自慢でした。
カメラなんか着いちゃおりません。
今度のはエクセルファイルも開けちゃったりするんです。
びっくり。

ちなみに先代機種、当然電話帳ごと逝かれてしまいました。
遺言とばかりに必要な電話番号は今年の始めに紙に書きだしたのですが
あはははは、探しても出てきません。
現在の登録は機種変して以来、連絡をくれた15人ほどです。
このくらいがすっきりしていいのかも。
posted by えかきさる at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 物を大切に♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする